• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

迷いが消える禅のひとこと

著者:細川晋輔

定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3709-8 C0030
四六判並製 本文250ページ
2018年11月15日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

いま注目の禅僧が厳選し、絵と文で綴った52の「禅語」。
読むほどに心が解き放たれる、人生の知恵。

日々の忙しさや、さまざまな情報に翻弄され、
こころの余裕を失ってはいませんか?
現状に不満を抱いたり、
他人のことが気になってたまらなくなったりしていませんか?
そんなときは少し立ち止まって、「禅のひとこと」とともに、
自分のこころを見つめ直してみましょう。
 
「一期一会(いちごいちえ)」
「天上天下唯我独尊(てんじょう てんげ ゆいがどくそん)」
「啐啄同時(そったくどうじ)」
「忘筌(ぼうせん)」
「上善若水(じょうぜんは みずのごとし)」
「日々是好日(にちにち これこうじつ)」
「看脚下(かんきゃっか)」
「把手共行(てをとって ともにいく)」……
 
「禅の教え」を伝えるために使うこのような言葉を「禅語」といいます。
それは、ひとが前向きに生きていくための知恵。
 
東京・世田谷にある「龍雲寺」の住職で、禅僧である著者が、
あまたある禅語の中から52の言葉を厳選し、文と絵で綴ります。
ひとの一生に「春」「夏」「秋」「冬」があるように、
禅語も「春」「夏」「秋」「冬」の4つの章で紹介します。
 
いまのあなたのこころに響く言葉は、なんでしょうか。
 
本書で紹介される「52の禅語」のひとことは、
きっとあなたのこころに寄り添い、
人生の支えとなる「杖言葉」となってくれるでしょう。
 
【目次より】
  • 不立文字 教外別伝/こころからこころへ 伝わるものを大切に
  • 一期一会/目の前のことこそ おろそかにしない
  • 天上天下唯我独尊/この世に存在する すべてのものが尊い
  • 啐啄同時/出会いに「偶然」はない 出会いはすべて「必然」
  • 忘筌/目的と手段を間違えてはいけない
  • 上善若水/水が流れるように、とどまることなく生きる
  • 廓然無聖/何ものにも、とらわれない
  • 日々是好日/悪日も、また好日
  • 看脚下/困ったときには、まず自分の足元を見よ   
  • 把手共行/ひとは、ひとりで 生きているのではない  ほか
 
●本書「おわりに」より抜粋
私は、坐禅は「こころのゴミ捨て場」だと思っています。
この本も、「こころのゴミ」を捨てるためにあります。
 
長い人生の中でこころの中に蓄積してしまった汚れを拭き取り、捨て去り、
見失いかけていた「自分」をもう一度見つめ直すために、
今後も折に触れてこの本を開き直していただければと思います。
 
そして日常生活の中で、
「あたりまえだと思っていたことのありがたさ」に素直に気づけたとき、
私たちは生まれながらにして持っている「しあわせなこころ」に
たどりつくことができるのです。
 
禅の教えはすべて、そのための「みちしるべ」なのです。

著者紹介

禅僧。龍雲寺住職。
1979(昭和54)年、東京生まれ。佛教大学卒業後、京都にある臨済宗妙心寺の専門道場にて9年間の修行生活をおくる。2013年より現職。祖父は名僧・松原泰道。NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の禅宗指導を務める。著書に『人生に信念はいらない 考える禅入門』(新潮新書)がある。


担当編集者より一言

著者の細川晋輔先生が住職をつとめられている「龍雲寺」は、東京・世田谷にあります。掃除がゆき届き、草木の手入れがなされた美しい境内は、シンと静か。こちらで毎週日曜日の朝6時半から行われる「坐禅会」は大変な人気だそうで、なんと40年、一日も休まず続いているそうです。この龍雲寺さんで、著者の細川先生のお話をお聞きしていると、ざわざわとしていたこころがスーッと落ち着いていくのがわかります。細川先生が教えてくださる「禅語」のメッセージは、とても深くて、いろいろなことを考えさせられ、なんだか泣けてきてしまうのです。本書は、そんな「禅語」のエッセンスを凝縮した、宝物のような一冊に仕上がりました。谷山彩子さんのすばらしい絵とともに、ぜひこの本を、ゆっくりと読み、味わっていただけたらと思います。私はこの本を、大切な人への贈り物にしたいなと思っています。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る