• HOMEHOME
  • 書籍の紹介

書籍の紹介
今日のオススメ
  • 立ち読みする
  • 著者:稲盛和夫
    定価:本体価格 1,700円 + 税
    京セラとKDDIという2つの世界的大企業を立ち上げ、JAL(日本航空)を“奇跡の再生”へと導いた経営のカリスマ=稲盛和夫先生の最新ご著書。
    ミリオンセラー『生き方』待望の続編となります。

    経営者として一番大切なことってなんでしょう?
    マーケティング? ビジネスモデル?
    「経営」の経験がない僕からすると、そんな言葉が一番に頭に思い浮かびます。
    しかし、稲盛先生ははっきりと言います。
    「すべては“心”に始まり、“心”に終わる」と。
    基礎であり、集大成なのです。
    そして、「いかに生きるかという問いは、すなわちいかなる心をもつかと同義」だと。
    つまり、これは経営者どころか人類すべてに通じる話です。

    この本を読み終えた上で思うことがあります。
    「すべては“心”に始まり、“心”に終わる」という言葉は、この先何十年、何百年と時代が移り変わろうと、なにひとつ変わらない絶対法則だろうなと。
    どんなに科学が進化しようとも、です。

    背筋がすっと伸びるような、それでいてしなやかな気分になれる1冊です。
トップに戻る