編集者紹介
タカトモ
タカトモ
一流のヘンタイに惹かれる編集者。
編集者になったきっかけは当時つきあっていた彼女にフラれたこと。『人生がときめく片づけの魔法』が運よく世界的ベストセラーとなり、あわてて英会話を勉強する日々を送っています。熱しやすくて冷めやすい性格のため、いろんなジャンルの本づくりに挑戦。尊敬する人はつんく♂さん、勝手にわが師匠と仰いでいます。

Twitter Facebook 

七沖
七沖
手づくり料理が大好き編集者。
パタンナーやコピーライターの仕事を経て、サンマーク出版に入社。書籍の編集以外にも映像制作やイベント企画に関わる。担当本は『「原因」と「結果」の法則』シリーズ、絵本『いのちのまつり』シリーズのほか、斎藤一人さん、野口嘉則さん、中村文昭さん、喜多川泰さんなどの本も手がける。人生のミッションは「死生観の変容」。シンプルな暮らしをこよなく愛しながら、日々いろいろなアイデアを形にすることが趣味。
セイイチ
セイイチ
『真田丸』大好き編集者。
2015年に突然、大河ドラマのシナリオの研究をしようと思いたち、NHKオンデマンドで10作品、約500話を一気に見る「大河ドラマ・トライアスロン」に挑戦し、見事完走を果たす。これまで『篤姫』が最高傑作と思っていたが、『真田丸』の登場でナンバーワンが塗りかわりそうな予感。今のところシナリオ研究が、本業の役にたつ機会はまったく訪れていない。いつか大河ドラマの原作を編集したいなぁ。
しん
しん
からだのあれこれ大好き編集者。
生き馬の目をぬく出版界を、運と感性を頼りになんとか生き延びてきた。
おもな担当書は『スロトレ』2点累計50万部、『からだにおいしい野菜の便利帳』シリーズ累計150万部、『弱った体がよみがえる人体力学』2点累計45万部、『世界一伸びるストレッチ』14万部など。
りゅうやん
りゅうやん
まったりディープなもの好き編集者。
「幸せにつながる生き方」を伝えることをモットーに、『生き方』(稲盛和夫)、『水は答えを知っている』(江本勝)、『きっと、よくなる!』(本田健)、『「そ・わ・か」の法則』(小林正観)などを手がける。詩人・坂村真民氏を〝人生の師〟と仰ぎ、『詩集 念ずれば花ひらく』他、8冊の本を手がける。英国のスピリチュアル・コミュニティ「フィンドホーン」を5回も訪れるなど、どっぷりつかってこそよい仕事ができると豪語してやまない。
KAZ
KAZ
気だけは若い編集者。
編集部最年長にもかかわらず、ここ数年は「back number」にどハマリし、カラオケで歌いまくるのがひそかな楽しみとなっている。主な編集作品は『「空腹」が人を健康にする』『6000人を一瞬で変えたひと言』『本質を見抜く「考え方」』 など。趣味はギターとスポーツ全般(とくに最近は年相応に、ボーリングにハマっている)。
イチロー
イチロー
お酒大好き編集者。
体を動かすのも嫌いではないのですが、その後のビールのほうがずう~っと好き。ただ最近、飲むと記憶を失う頻度が高くなっています。
『金持ちになる男、貧乏になる男』『生命の暗号』などを担当。海外にサンマーク出版の本の権利を売るライツの仕事もしています。海外のブックフェアの後でその国のおいしいお酒を飲むのも大好きです。
はなえ
はなえ
子連れ編集者。
自己啓発本、ビジネス、ときどきスピリチュアル本。面白そうなことにはとりあえず首を突っ込みます。特技は初対面で緊張しないこと。たまに子連れで著者さまのイベントに参加させていただいてます。最近の本は『あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法』『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』など。

Twitter Instagram 

ネコカ
ネコカ
不思議大好き編集者。
書店アルバイトでの「探していた本を手渡したときのお客さまの喜びの顔」が忘れられず、金融機関より出版社(総合法令出版)に転職。営業事務・営業を経て、編集部へ移動。ミリオンセラーになった『鏡の法則』や『夢をかなえる「そうじ力」』など手掛ける。サンマーク出版では、『「龍使い」になれる本』『幸運を呼びこむ不思議な写真』などのスピリチュアルや、『お姫様になれる本』『美人養成専門学校48の教え』などの女性エッセイを多く手掛けている。趣味は、アート鑑賞と美術館でのグッズの爆買い。
ジョセフィーヌ
ジョセフィーヌ
イギリスとロンドンをこよなく愛する、旅する編集者。
『潜在意識をとことん使いこなす』などの翻訳書のほか、『社長、小さい会社のままじゃ「ダメ」なんです!』などのビジネス書、『星の商人』などの自己啓発書、『始めるのに遅すぎることなんかない!』をはじめとする中島薫さんの本などを担当。
趣味は運転免許もないのにF1などモーターレース観戦(海外観戦も行っちゃうよ! ミカ・ハッキネンは今も私の神)、お笑いライブ観覧など。フットボールはふだん観ないがワールドカップの時だけはイングランドの応援でフーリガン化。

Twitter 

くわじ
くわじ
おいしいもの&旅好き編集者。
担当書籍は、『記憶する技術』『夢をかなえる勉強法』(伊藤真)、『心を上手に透視する方法』(トルステン・ハーフェナー)、『軽くなる生き方』(松浦弥太郎)、『なぜかワインがおいしいビストロの絶品レシピ』(紺野真)など。最近行ったおいしいところは、香港、沖縄・竹富島、岐阜・美濃。道中の読書の時間は至福のとき。
るりこ
るりこ
甘い物大好き編集者。
代表作は、『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和)、『こうして、思考は現実になる』(パム・グラウト著、桜田直美訳)、『一歩を越える勇気』(栗城史多)、『あなたは半年前に食べたものでできている』(村山彩)など。 趣味は小説を読むこととトライアスロン。合唱を小学校4年生からつづけています。聴くのは山崎まさよしさんのファン。
たくぼう
たくぼう
本と音と米が大好物の編集者。
ボストン生まれ大阪育ち東京在住。趣味は早起き、特技は朝寝坊。「世界本の日」に生まれたばっかりに本づくりの世界で生きていくはめに。主な担当作は『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』(亀田潤一郎)、『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』(浅田すぐる)、『朝にキク言葉』(ひすいこたろう)など。現在、糖質制限中。

Twitter 

ゴジラ
ゴジラ
体はペンで出来ている編集者。
レペゼンTOYAMA。健康本やコミックエッセイが得意といいつつ、ジャンルを問わず本作りをしているのが誇り。『女の運命は髪で変わる』『わが家の母はビョーキです』『脳からストレスを消す技術』『好きなことに、バカになる』などを担当。
ペンは剣(つるぎ)より強いと信じて、エンドレスで限度レスで鮮度ネスな言語を生み出すことに命を削っている。好きな選手はダーヴィッツ。スーパーユキンコリニスタレベル10。ガォ-ッ!

ブログ Twitter Facebook

くろ
くろ
ビジュアル系バンド&バスケ大好き編集者。
ビジネス書、自己啓発書を中心に手がけています。翻訳書もつくります。
代表作は、『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』(岩田松雄)、『営業マンは「お願い」するな!』(加賀田晃)、『血流がすべて解決する』(堀江昭佳)、『読んだら忘れない読書術』(樺沢紫苑)など。
見るのもプレーするのもバスケ大好き。サンマーク出版バスケ部の部長でもあります。
うめちゃん
うめちゃん
野球とバットマンを愛する編集者。
野球はメジャーリーグ派で、シンシナティ・レッズの大ファン。メジャーリーグの全球場に行くのが夢(現在9球場)。毎日最低1試合、メジャーリーグのゲームをするのがノルマ。主な編集作に、『ブッダも笑う仏教のはなし』『脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング』。もう、メガネはかけていない。
はすみん
はすみん
トマト大好き編集者。
幼い頃から本や雑誌が好きで、特にファッション誌は毎月10冊以上購入。「そんなに好きなら出版社で働けば?」と言われたことをきっかけに編集者を目指し今に至る。編集作に『「忙しいのにきちんとしてる」と言われる人の31のルール』。好きなトマトはグリーンゼブラ。好きなレストランは「セレブ・デ・トマト」。好きなカップラーメンはカップヌードルのチリトマト。
キッシー
キッシー
血中ギモン濃度高めの編集者。
古本屋を経営していた祖父の影響をモロに受け、こどもの頃から「雲がどれくらい増えたら“曇り空”で、どこからが“青空”に分類されるんだろう?」「足がどれくらいまで見えたら“短パン”と認識されるんだろう?」と身の回りから“なんで?”を探すのが趣味。そのせいで、家族からはめんどくさい奴のレッテルを貼られている。「それでもずっと一緒にいてくれているのは、なんで?」……あ、また新しいギモンがここに誕生しました。なんだかんだ言って、この性格を理解してくれているそんな家族が大好きです。
さよ
さよ
ゼリーとバスケットボールが大好きな編集部兼営業部員。
誰かの笑顔につながる仕事がしたくて飲食店、花屋さん、病院で勤務。その後、本好きが高じてサンマーク出版に入社。イベント業務のアシスタントをしながら、編集のアシスタントも兼務し、現在、初めての企画本を制作中。好きな絵本は荒井良二さんの『あさになったのでまどをあけますよ』。好きなゼリーの味はイチゴ。好きなバスケ選手は竹内譲二さん。
スッピーズ
スッピーズ
編集者ネコカとキッシーのスピリチュアルトーク。
スピ用語全開、スピリチュアル編集者あるあるや著者との不思議な話が聞けるかも?

LINE@友だち追加

しのっち
しのっち
かぢこ
かぢこ
小麦の種類とパンのことで頭がパンパンなデザイナー。
販促物のデザイン、その他作る、描くことならなんなりとお任せください!
パン屋に行ったり、パンを取り寄せることが大好き!今ではそれに加えて保冷庫を買って温度調整しながら天然酵母を起こしてパンを焼いてはその出来に一喜一憂している男子2名の母です。そんなパン好きが高じて『和食のぱんのつくりかた』(濱田豊)を企画しました。パン作りにチャレンジしたい方におすすめです!
メルマガチーム
メルマガチーム
サンマーク出版メルマガは、月に2~3回、新刊ラインナップやトピックスなど、新着ニュースをメルマガとして配信しています
ターサンマミリンネコカでじおさよやまけい の6名でお送りしています。
メルマガチームのプロフィールはこちら
サンマーク出版の公式SNSをフォローしておすすめ情報を受けとろう!
サンマーク出版公式facebookページ
twitter @sunmarkbook
サンマーク出版YouTubeチャンネル
Instagramサンマーク出版公式アカウント

© 2016 Sunmark Publishing,Inc.
トップに戻る