• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法
著者:金城幸政
定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3464-6 C0030
四六判並製 本文300ページ
2015年6月10日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

「悩みがウソのように消えた!」と大反響8万部突破!
5万人の人生を変えた沖縄のスピリチュアル講師による、
笑って泣けて、やっぱり笑える「幸せになるためのシンプルな法則」
「まじめにやらなきゃ」「一生懸命が一番大切」
「スマートにこなしたい。できる人と思われたい」
どこかでそう思っているあなた、ちょっと待って!
これって、「最も幸せから遠ざかっていくパターン」なんですって!
「えぇっ、そんなはずない!」そう思う方こそ、ぜひ手に取っていただきたい本です。
講演やカウンセリングで、これまで5万人以上の人生に向き合ってきた「悩み解決のプロ」である金城氏のメッセージは「とにかく、笑って生きよう。人が生まれてきたのは、楽しむため。その原点を見つめることができたなら、すべてのことはうまくいくようにできている」といたってシンプル。
ダイエットがうまくいかないのも、嫁姑関係に悩むのも、仕事の迷いも、願いがかなわないのも、すべては「ある理由」から。それを「自分起点」で180度変えることができる、と説きます。
 幸せになるためには、どんな人のなかにもいる「神さま」を知り、うまくつきあうことが大切。神さまとは、言い換えれば自分の本質であり魂のこと。それは私たちが思い描くような「崇高な神さま」のイメージとは程遠い、人間的なもの。なかには「昼寝ばかりしている」神さまや「愛に生きる熱い」神さまなど、様々な神さまがいるんですって!
とことんライトな表現で、コミカルに、宇宙の真理をまじえながら、幸せになる方法を説く金城氏の話は、思わず笑ってときに涙して、またやっぱり笑える。そして心底、納得。「まるでジェットコースターのよう」と評判の講演を体感できる一冊です。

目次より

・神さまへの「マザコン」人間は、神さまにとってうっとうしい
・「ただ思うだけ」で人生で二度のホールインワン
・神さまは「駆け引き」しない、魂胆は捨てなさい
・自分を生きたければ、親と自分に一線を引く「親切」をしなさい
・ボールペン一本で怒りを鎮める方法
・お金を支払うたびに豊かになる感覚、ありますか?
・人生をあっという間にこじらせる「むっつり」を追放せよ
・「いいことの次には良くないこと」は間違いだと僕がいい切る理由
・自分は神と知りつつ、とことん人間を生きなさい

著者紹介

円隣株式会社代表取締役。沖縄県那覇市生まれ。受胎前、出生時の胎内記憶を持って生まれ、3歳から毎晩神さまとの「問答」を繰り返す。周りの大人に宇宙の真理を話すたび「頭がおかしい子」といわれ、何度も脳外科、精神科に連れていかれる子ども時代を過ごす。大学中退後、美容師に。お客の髪を触ると、その人の悩みが見えたり、体調が良くなるといった不思議な現象が起き始める。さまざまな悩みに答えているうちに、講演を依頼されるようになり、企業や団体などで講師活動を行う機会が増える。独立してサロンを持ち経済面で安定するも、地球に生まれてきた使命を果たすべく、31歳でサロンを閉め、美容師から講師業へ転身。沖縄を拠点に、中高生から子育て世代の主婦、教育関係者、経営者、スポーツ選手など、世代、性別を超えたあらゆる人に、生まれてきた意味と、生きていることの素晴らしさを伝える活動を始める。2012年、円隣株式会社を設立。「誰も教えてくれなかった、目からウロコの人間のしくみ」をユーモアたっぷりに伝える「人間学プログラム」「親力プログラム」では受講生の人生を180度好転させ、熱狂的なファンも多い。夫婦仲、親子関係、職場での人間関係改善はもちろん、願望実現など、実践者として数えきれない人たちの人生を幸せに導いている。本書が初の著書となる。趣味はゴルフ。1男3女の父親でもある。

担当編集者より一言

「橋口さん、あなたの神さまね、いつも昼寝してるよ」。金城氏からの衝撃的な言葉。エ~ッ! 神さまが昼寝? 神さまって、神々しくて、もっとありがたいものじゃないの!?聞けば、神さまはとことん「やんちゃ」で「好奇心のかたまり」。見たい聞きたい知りたい。人間味あふれるヤツなんだとか。神さまにとって興味があるのはことの善悪ではなく、それに対して「どんな思いを持ったか」「ポジティブな思いを持ったか、ネガティブな思いを持ったか」ということだそう。「神さまのバチがあたるよ」など、どこか風紀委員のような印象を持っていた私には鮮烈で、金城氏の言葉はなんだかウキウキ心が沸き立つものでした。講演会が大人気で、熱烈なファンが大勢いるのも納得。この本に関わって、人生で大切にしたいことをいくつも知ることができました。金城氏の前だったからなのか、沖縄の空気がそうさせたのか、個人的な話をしながら思わず涙があふれた私にかけてくださった言葉は忘れられません。どうか、ひとりでも多くの方とこの思いを共有できますように。
はなえ

読者さまの声

本当に本当にバカでした。真面目すぎると人から時々言われるのがピンとこなかった。自分では全然真面目じゃないよと思っていた。ぼんやりモヤモヤしたものがスッキリした。「二枚目妄想」まさにこれでした。いつも疲れているのがなぜなのかよくわかった。泣いたら負けだと思ってきた。自己肯定力の低さは自覚していたが、目からウロコ!息子との向き合い方を変えようと思う。(北海道・会社員・女性・38歳)

子育てのイライラで悩んでいた時だったので、この本を読んで肩の力が抜けて気持ちが落ち着きました。(沖縄県・主婦・32歳)

今までの「成功本」や「幸せになる本」と称される本は、しょせん恵まれた環境や条件にある人々だけが効果を上げやすいように書かれていた節が多かったように思うが、本書は違う!幸せになる方法が一つ一つ心にスッと入ってくる。なにせ「やんちゃ」な自分の神さまと一体になればいいのだから。これなら誰にでもできる!(岡山県・会社員・女性・36歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る