• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
「食べない」生き方
著者:森美智代
定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3351-9 C0030
四六判並製 本文269ページ
2013年11月30日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

世界でも類のない生き方を
実践している女性が提唱する
少食のすすめと人生の楽しみ方。
20代前半に難病の脊髄小脳変性症を発病して以来、さまざまな食事療法を試みてきた著者が到達した究極の食べ方とは? 鍼灸師としてのべ5万人以上の難病患者を治療してきただけでなく、上場企業の「健康顧問」としても活躍しながら、人生において大切なことを伝え続ける森美智代さんのメッセージをまとめた渾身の一冊。あなたの「食生活の常識」がこの一冊から変わります!

著者紹介

1962年、東京都生まれ。短大卒業後、養護教諭として大阪府で勤務中に難病の脊髄小脳変性症を発病。以来、西式甲田療法を実践し、5年かけてみごとに難病を克服。その後、鍼灸学校に入り、鍼灸師の免許を取得。現在、大阪府八尾市に「森鍼灸院」を開業。1日に約50kcalの食事(青汁150ccと少量のサプリメント)だけの生活を20年近く続けている。著書に『「食べること、やめました」』、町田宗鳳氏との共著に『「ありがとうを言う」と超健康になる』(共にマキノ出版刊)。映画『不食の時代』(白鳥哲監督)やドキュメンタリー映画『「食べること」で見えてくるもの』(サンマーク出版配給)に出演して話題となる。

担当編集者より一言

初めて会ったのは1998年の大阪府八尾市。お話をうかがっていた甲田光雄先生の横に静かに座っていたのが森美智代さんでした。そのときすでに1日青汁1杯50キロカロリーの生活をされていて、「うそだろ?」とびっくりしたことを覚えています。世界中には少食の方や、1日中ほとんど何も食べない方もいらっしゃるでしょう。しかし、森さんのように、1日の大半の時間を人助けに費やし、自分のことよりも人のために動いている人は少ないのではないでしょうか。食生活の常識を覆すような生き方をしている森さんの存在を世界中の人たちに知っていただきたい! けっして誰もが簡単に同じ食生活を実践することはできませんが、「食べ方」を見直すことによって、自分の生き方も見つめ直すことはできると思います。
七沖
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る