村上和雄ドキュメント SWITCH 遺伝子が目覚める瞬間

「SWITCH」関連作品


現在、サンマーク出版でお貸し出ししている自主上映用作品は次のとおりです。
申込方法、上映料金は、「SWITCH」とすべて同じです。
これらの作品での上映会をお申込の際は、備考欄に「○○○を希望します」と作品名を記入してください。


「SWITCH」特別版

上映時間50分。
本編のダイジェスト版として制作しました。
ただし、教育問題について語る村上先生へのインタビューシーンなど、一部、本編には未収録の箇所もございます。
入江富美子さん(映画『1/4の奇跡』の監督)の講演とセットでの上映会や、すでに通常版を上映していただいたうえで特別版も上映してみたいという方、村上博士のお話をさらに深く知りたいという方におすすめしています。


「SWITCH」日本語全字幕版

上映時間80分
聴覚障害をお持ちのお客様のために制作しました。
すべての音声に日本語の字幕をつけています。


「SWITCH」英語全字幕版

上映時間80分
英語での上映会をご希望のお客様のために制作しました。
日本語の音声に対して、英語の字幕をつけています。(吹き替えはありません)。

英語での作品案内はこちらをご覧ください。


「食べること」で見えてくるもの

上映時間60分
※チラシやチケット、宣伝用DVDなどのオプションメニューはご用意していません。
企画・構成・監督 鈴木七沖/撮影・編集 谷 忠彦
出演:森美智代、永山久夫、サトケン、秋田稲美

サンマーク出版主催で行われた講演イベント“いま、「食べる」ということ”(2012年開催)の中で上映された作品です。
日常とけっして切り離すことができない身近なテーマだけに、「食」については、人の数だけ考え方があると思います。そこに「正しい」も「間違っている」もないのかもしれませんが、人生を左右する大きな問題であることは確か。しかし、食べることについて日常、じっくり考える時間があるかというとそうともいえません。ときには、これからの人生をより良く生きていくために、「食」についてじっくり考える時間があってもいいのではないか。そんな思いで制作した1本です。生命を生かすために「食べない」という選択をした森美智代さん。過去の文献から食をみつめ、日本食の真髄を伝える永山久夫さん。「本来の自分に還る」をコンセプトに、出張料理や断食アドバイスを行うサトケンさん。“食場”というアプローチで、よりより人間関係づくりをサポートしてきた秋田稲美さん。それぞれのメッセージが織りなす場で、これからの「食」との付き合い方がきっと見えてくるはずです。
詳細はこちら