サキ読み
刊行前の書籍を1章分、まるごと読むことができます。
Google+ twitter facebook LINE
サキ読みについて
ご希望の本の下部にある「サキ読み」にチェックを入れ、お申し込みフォームへお進みください。
複数タイトルを同時にお申し込み可能で、1章分、まるごと読むことができます。お読みになった感想をお寄せくださった方には、抽選で3名様に該当書籍をプレゼントさせていただきます。刊行された書籍に関しては、「立ち読み」ボタンをクリックしていただくと、お使いのWebブラウザでお読みいただけます。
※1.「サキ読み」用のデータは編集中のものです。刊行されたものと異なる場合がございます。ご了承ください。
※2.違法コピー防止のため、印刷、文字のコピーはできません。また、メールでの転載もご遠慮くださいますようお願いいたします。
※3.サキ読み・立ち読みはブラウザビューアを利用します。操作方法・動作環境についてはこちらをご覧ください。

2022年5月下旬刊行予定
  • ノウイング
    サキ読みを申し込む
  • 著者:アンドウミフユ
    定価:1,760円(10%税込)
    イチロー、タモリ、村上春樹、ポール・マッカートニー、J・K・ローリング……。
    これらの人たちに共通する、ある「感覚」とは何でしょうか?
     
    それは、自分がこれから歩んでいく未来、自分がこれから生み出す世界を「すでに知っていた」ということ。
    彼らはある意味において、未来が「見えていた」のです。
     
    それはけっして特別な感覚ではありません。
    あなたのまわりにも、のちに結婚する相手と出会った瞬間に、「電流に打たれたようにそのことがわかった」という人、あるいは根拠も実績もないのに「このプロジェクトは成功する」「この商品は売れる」という確信をもっていた、という人がいるのではないでしょうか?
     
    そのように未来に起こることを、あたかもすでに体験したように〝知っている〟こと。
    その感覚を本書では、〝ノウイング〟という言葉を用いて表現しています。
     
    目標をしっかり定め、それを実現するために全力で進んでいく、というのがこれまでの「目標達成」のセオリーでした。
    しかし、そのように目標にたどりつく人はほんのひと握りです。
     
    頭でひねり出し、無理やり設定した夢や目標は、本来あなたが進むべき道ではないことが多いのです。
     
    「目標は立てるものでなく、見えてくるもの」————〝ノウイング〟の世界を知ると、人生のあり方、生き方が大きく変わっていきます。
    未来からやってくるメッセージを受け止め、未来に導かれて生きるようになるからです。
     
    本書では、〝ノウイング〟という新しい生き方の指針へとみなさんを導くとともに、その感覚を手に入れるための「実践的方法」を紹介します。
     
    ノマドワーキングの先駆者がたどりついた「願望実現」の新天地
    その扉を開けるとき、あなたの〝最高の未来〟がきっと見えてくる!

2022年5月下旬刊行予定
  • マンガ 並木良和の目醒め
    サキ読みを申し込む
  • 著者:並木良和/マンガ:魚渕あかり
    定価:1,870円(10%税込)
    「この本に出合った人は、目醒めを決めた人!
    だからこそいま、僕のたどった道を伝えたい」
    ……そんな言葉から、本書は始まります。
     
    並木良和氏が、目醒めの分岐点と伝えてきた“2021年冬至”。
    その「ゲート」をくぐった私たち。
    そこから、地球の何が変わり、私たちはこれからどこへ向かうのか。
    目醒めを決めた地球を、新しい自分でどう生きるか。
    いまこそ、並木氏自身の「目醒めへの道のり」が、そのヒントをくれます。
     
    幼少期からサイキックの才能を発揮し、
    いまやスピリチュアル業界を牽引する並木氏ですが、
    その人生は、「地球が生きづらい」「人に合わせられない」
    から始まったとのこと。
     
    目醒めを率いるアセンションリーダーが
    紆余曲折でたどった目醒めへの道のりをマンガ化した本書は、
    初めて描かれる人間・並木良和の姿を通して
    真の「目醒め」がわかる一冊です。
     
    もっと軽やかに生きたい。
    人間関係の問題から解放されたい。
    不安や不満を取り払って幸せになりたい。
    この地球で自分の居場所を見つけ、
    能力を存分に発揮して人生をまっとうしたい。
    ……そう願うすべての人に贈る、スピリチュアル・ドキュメンタリー。
    目醒めを後押しする並木氏オリジナルの「ワーク」も
    マンガにより、これまでにない懇切ていねいな解説が実現しました。
     
    なんとなく感じる生きづらさは、魂からのサイン。
    本来のあなたに目醒めるときを迎えたあなたに、
    手にとっていただけますように。

チェックを入れた本のサキ読みを申し込む


Google+ twitter facebook LINE
トップに戻る