• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

一歩を越える勇気

著者:栗城史多

定価:1,430円 (10%税込)
ISBN978-4-7631-9979-9 C0030
四六判並製 本文191ページ
2009年12月25日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

お金もない、コネもない、あるのは夢だけ。
たった一人で億を超える資金を集め、
世界初、エベレストからのインターネット生中継を成功させた
27歳が教える、夢をかなえる方法。

「人に感動してもらう冒険を行い、一歩踏み出す勇気を伝える」。
人が生きていけないデス・ゾーンといわれるヒマラヤ8000メートル峰から、インターネット生中継を行い「冒険の共有」を目指す登山家・栗城史多の初の著書。
世界七大陸最高峰の単独登山や、8000メートル峰の単独・無酸素登山を通して学んだ「夢のかなえ方」「あきらめない生き方」をつづったこの本は、ビジネスマンや学生からも多くの感想が寄せられ、単なる冒険本としてではなく、人生そのものに役立つ本として支持を集めている。
栗城史多はなぜ山に登るのか、なぜ命をかけて生中継をおこなうのか、彼の思いを知りたい人、達成したいと思う目標が一つでもある人は、必読の一冊。

目次より

「自分の限界」という壁をなくす
初めての命がけの登山
北米最高峰マッキンリー
人生を変えたひと言
世界の屋根と日本の空をつなぐ
世界第七位 ダウラギリ
見えない山を登る
夢をかなえる方法
父が見せてくれた「夢を見る力」
わらしべ登山家
執着をしない
エベレスト単独・無酸素登頂へ

著者紹介

1982年、北海道生まれ。身長162センチ、体重60キロという小柄な体。肺活量・筋量は成人男子の平均以下という肉体にもかかわらず、「山との対話」を大切にしながら、3年間で6大陸の最高峰に単独登頂し、その後はヒマラヤ8000メートル峰3座の単独・無酸素登頂をしてきた。また、スキー滑降にも力を入れており、2007年にはマナスル山頂からのスキー滑降に成功した。2009年秋、日本人初となるエベレスト単独・無酸素登頂を目指したが、7950メートル地点で断念。冒険の共有をテーマに掲げながら、インターネットによる動画の配信などにも挑戦している。現在は、学校や企業などでの講演活動をおこないながら、エベレストへの再挑戦に向けて準備をすすめている。

担当編集者より一言

27歳で、世界初の偉業に、挑戦している人がいる! 著者の栗城史多さんを初めて知ったとき、とても大きな衝撃を受けました。これまで誰も考えたことのなかったであろう、「8000メートル級の山を登っている様子の生中継をする」という試み。たったひとりで億単位のお金を集めてしまうこと(しかも、かなり意外な営業方法で……その秘密は、本文であかされています!)。担当編集者自身に、栗城さんのような、世界を変えるほどの大きな夢があるわけではありません。それでも、毎日少しずつ諦めてしまっていた小さな「こうだったらいいなあ」に、一歩ずつ挑戦していく勇気をもらった気がしています。友だちみんなに配りたいと思った本です。

読者さまの声

本の中でも「なぜ山に登るのか?」と聞かれたら「希望を持ち続けるため」とありました。希望! 私に忘れかけていた言葉です。この本を読み、中学2年生の息子にも読ませたいと思いました。(群馬県・主婦・42歳)

同い年の栗城さん。登山や生き方に対する考え、思い…すごく伝わりました。私も新しい道に進もうとしていますが、背中を押してもらえた気持ちです。(静岡県・女性・27歳)

人は生かされていると強く感じました。この本を読んで、希望や勇気がわいてきて、また明日から少しずつでも頑張ってみようと思いました。(鳥取県・主婦・50歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る