• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

コミック版 「原因」と「結果」の法則

原作:ジェームズ・アレン /
潤色・脚本:小山高生 /
作画:高見さちこ

定価:本体価格 1,000円 + 税
ISBN978-4-7631-9978-2 C0030
四六判並製 本文206ページ
2009年12月15日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

人生も社会も、この法則で動いている!
コミックだからわかる、考えが深まる。
世界中で読み継がれている永遠のロングセラー、初の漫画化。

日本語版シリーズが77万部を突破した『「原因」と「結果」の法則』。100年前に書かれたにも拘わらず、いまだ世界中で翻訳され、読み継がれている超ロングセラー作品が、世界で初めてマンガ化されました! 主人公は、アニメ制作会社で働く「江田阿礼(えだ・あれい)23歳」。アニメの演出家をめざして制作進行業務に携わっている。ある日、公園で財布を拾ったことから、阿礼の人生が動き始める。その延長で出会った1冊の本。人生には、ゆるぐことのない法則が働いている――それを解き明かすヒントは、日常生活の中に隠されていた。日本にジェームズ・アレン旋風を巻き起こした原点の書が、満を持してコミック化!

原作紹介

1864年、英国生まれ。父親の事業の破綻と死から15歳で学校を退学。以後、さまざまな仕事に就きながら独自に勉強を続け、38歳で執筆活動に専念する。作家としてのキャリアは他界した1912年までの9年間と短いが、執筆された19冊の著書は世界中で愛読されている。中でも1902年に書かれた本書『AS A MAN THINKETH』は、現代成功哲学の祖として知られるデール・カーネギー、アール・ナイチンゲールなどに強い影響を与えた。いまなお自己啓発のバイブルとして、世界中で読まれ続けている。

潤色・脚本紹介

1984年4月、東京都昭島市生まれ。72年3月、竜の子プロダクション企画文芸部入社。同年8月、「いなかっぺ大将」で脚本家デビュー。75年8月、フリーの脚本家となる。85年、第2回日本アニメ大賞脚本部門最優秀賞受賞。99年、第4回アニメーション神戸特別賞受賞。現在、企画創作者集団「ぶらざあのっぽ」代表。大阪芸術大学キャラクター造形学科教授。主な脚本作品に「タイムボカンシリーズ」「ドラゴンボール(Z)」「聖闘士星矢」「パーマン」「フクちゃん」など80作品800話以上がある。

作画紹介

8月6日、大阪府生まれ。20歳のころ上京。アシスタントを経て、集英社の漫画賞に入賞。その後、「フォアミセス」(秋田書店)に移り、現在に至る。オリジナルの読み切り作品多数。現在は、原作ものの長編も多い。

担当編集者より一言

2002年、衝撃的な出会いから付き合いが始まった『「原因」と「結果」の法則』(原題:As a man thinketh)。この1冊が、私の人生を変えたといっても過言ではありません。これまで四六判の単行本をシリーズで4冊、若い読者にも読んでいただきたいと編んだ「ベーシック版」、そして今回、もっと幅広い層の読者に出会ってほしくて「コミック版」を企画しました。脚本家の小山高生先生は80作品800話のアニメを手がけてきた脚本界の重鎮。そして作画は男女を問わないタッチが評判の漫画家・高見さちこさん。ジェームズ・アレンの世界観をもっとわかりやすく解いたマンガ作品、ぜひ手にとってご覧ください!

読者さまの声

以前、『「原因」と「結果」の法則』を読みましたが、内容についてさらに理解を深めることができました。また、実生活においてどのように法則を取り入れていけばよいかがとても参考になりました。(茨城県・学生・女性・22歳)

わかっているけど行動がなかなかできないというところに共感しながら、忘れないようにしようと思ったところは主人公のようにノートに書いて持ち歩こうと思いました。(愛知県・主婦・44歳)

「自分で生き方を創る」という基本的なことを気づかせてくれて、必ずこの本がダーニングポイントになると確信できました。(岐阜県・会社員・男性・29歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント


トップに戻る