• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
神の小屋

神の小屋

著者:ウィリアム・ポール・ヤング /
訳者:吉田利子

定価:本体価格 1,900円 + 税
ISBN978-4-7631-9879-2 C0097
四六判上製 本文349ページ
2008年11月20日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

全米400万部突破!
ニューヨークタイムズ連続第1位の小説が遂に刊行!

この小説は著者が子どもたちや友人に読ませたくて書いた自費出版の作品でした。しかし、多くの人の心をとらえ「人生を変える作品」としてあっという間に全米で300万以上の人々に読まれる空前のベストセラーになりました。ニューヨークタイムズのベストセラーリストにおいても、連続第1位に輝き続けています。

【あらすじ】
平凡な日常を送る50代の男性、マック。その最愛の末娘ミッシーが休日のキャンプ中に誘拐され、数時間後、オレゴンの荒野の廃れた小屋で彼女の血に染まったドレスが発見される。残されたテントウムシのピンから連続殺人犯の凶行であることは間違いなかった。四年後、ミッシーの遺体さえ見つけられず「大いなる嘆き」から抜け出すことができないマックへ、「あの小屋へ来ないか」という神様からと思われる奇妙な招待状が届く。悩んだあげくにマックは意を決し、一人でその小屋に向かう。
そこで待っていたのは、人生を変える「神との体験」だった……。

著者紹介

1955年、カナダに生まれる。宣教師だった両親の任地、ニューギニアで幼・少年期を過ごす。オレゴン州のワーナー・パシフィック・カレッジで宗教学を専攻。その後、保険業や建設業など様々な業界で働きながら、妻と6人の子どもを養う。本書は処女作で、最初は家族に読ませるつもりで執筆した。

訳者紹介

埼玉県出身。東京教育大学文学部卒業。訳書に、『ニュー・アース』『神との対話』シリーズ(小社刊)、『日はまた昇る』(草思社)、『火星の人類学者』(早川書房)、『神の使者』(河出書房新社)、『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』(ソフトバンククリエイティブ)など。

担当編集者より一言

最近涙腺が緩くなってきたのか、この本を読んで泣いてしまいました。主人公マックは、幼い娘の死の悲しみ、父親への憎悪を小屋で出会った神によって癒されていきます。誰もが心の中にもっているそれぞれの地獄。読み進むにつれて、本書は、その地獄から読者をも救い出してくれるのではないでしょうか。

読者さまの声

すばらしかった。マックの気持ちはすっごくよくわかる!「赦す」ということに納得できない自分は少しだけ「赦す」ことがわかり、もっと神さまを信じたくなった。(長野県・主婦・46歳)

私自身も両親や家族に胸の中に暗いものがあり、「ゆるす」ことの大切さ、自分を変えたいと常に思考しており、一部ではありますが、まず先に自分を「ゆるす」ことから始めたいと思い、変化していきます。“愛するだけで良い”この言葉は胸に響きました。(北海道・女性・62歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る