• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
わが家の母はビョーキです
著者:中村ユキ
定価:本体価格 1,200円 + 税
ISBN978-4-7631-9871-6 C0095
A5判並製 本文167ページ
2008年11月25日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

「ザ・世界仰天ニュース」で紹介され、「とにかく感動した」「泣いた!」と大反響!
母が精神科に通い始めたとき
私はまだ4歳でした――。
31年間の想いが詰まった感動のコミックエッセイ!
11月30日(水)の「ザ・世界仰天ニュース」で紹介され、
「とにかく感動した」「泣いた!」と大反響!

これは、精神病にかかったお母さんを持つ、著者の実話を描いたコミックエッセイです。
近年、「うつ」という言葉が一般に浸透したことで、実は、とても多くの人が心の病気で悩んでいるということが明らかになりました。著者のお母さんもその一人……。ただし、診断の結果は「うつ」ではなく、うつに次いで多い「統合失調症(トーシツ)」です。
昔は「精神分裂病」と言われていたこの病気、なんと100人に1人の割合で発症しています。これはがん患者と同じ割合です。でも、どうしてあんまり聞いたことがないのでしょうか。その裏には家族のやりきれない想いがあったのです……。
本書では「統合失調症」とはどんな病気なのか、どうやって回復するのか、どんな思いを抱いているのか、そして当事者とどう関わっていけばいいのかを家族の視点から描きました。また、看病されるお母さんと看病する娘の、心と心のぶつかり合い、通じ合いを深く鮮明に描いた作品にもなっています。
「ときにはイヤになるけれど、今では幸せな生活を送っています」。そんな著者の姿が、間違いなく胸を打つ一冊です。

目次より

◎ストレスフルな生活と発病
◎幻聴に従う
◎死にたい…
◎やっぱり同じお母ちゃん
◎退院と15kg
◎一度も恋をしたことがない
◎プチうつな私
◎副作用がつらい…
◎100人に1人のビョーキ
◎プロポーズに苦悩
◎家族一緒に…

著者紹介

大阪府出身。猪突猛進タイプの双子座O型。
百貨店を退職して上京、マンガ家に。その後、知人の紹介で入ったアシスタント先の先輩であるタキと結婚する。現在はフリーのマンガ家として、紙媒体およびWeb上で活躍中。
特技は長時間のマシンガントークと引っ越し。著書に『夫婦三昧』(角川SSコミュニケーションズ)がある。

担当編集者より一言

この本は、私が自信をもってオススメする本です。現代の生活において、ストレスを感じない日はありません。多くの人が日々、いろいろなストレスにさらされ、そして「心の病」になっています。これは、本当に誰もに起こりうることだと思います。この本を作るにあたって、自分の周りにも「心のストレス」で苦しんでいる人が、思った以上に、たくさんいることを知りました。また、統合失調症の方やそれを支える家族の方と接し、「もっとこの病気のことを知ってもらいたい」という切実な想いに気づかされました。だからこそ、「統合失調症」を細かく説明した本ではなく、知らない人が読んでも楽しめるようなコミックエッセイに仕上がっています!……あなたの周りにもきっといる。そんな病気のことを、少しだけ垣間見てはいかがでしょうか。
ゴジラ

読者さまの声

母親が昔から精神病で、家中がぐちゃぐちゃになることが多々あり、今も悩んでいるが、これを読んで少し気が軽くなりました。(兵庫県・主婦・29歳)

とても良かった!精神疾患に苦しむ方たちの大きな救いになると思います。日頃関わらさせていただいている立場の者ですが、自分自身の役割も確認できましたし、同業者仲間だけでなく、相談に来られる方々にもおすすめしたいと思います。作者の方、お母さん、関係者の方々に感謝です。(神奈川県・公務員・女性・28歳)

医師をしています。専門外の疾患知識はマンガに限ると思って手に取りました。とても勉強になりました。疾患をみる、患者をみることに加えて、家族も診る大切さを改めて認識いたしました。病院内で看護師たちにも読ませています。(東京都・会社員・女性・35歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る