• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
いのちのまつり つながってる!

いのちのまつり つながってる!

作:草場一壽 /
絵:平安座資尚

定価:本体価格 1,500円 + 税
ISBN978-4-7631-9742-9 C0095
A4変型判上製 本文23ページ
2007年3月20日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

10万人の子供の目を輝かせた、いのちの絵本
待望の第2弾、今度のテーマは「つながってる!」

大人から子供まで、幅広い読者に支持されながら10万部を突破したロング&ベストセラー絵本『いのちのまつり』。待望の第2弾がいよいよ刊行されます! 今度のテーマは、ずばり“つながってる!”。
「生まれる! 生まれる!」小学生のミズちゃんは、急いで学校から帰ってきました。家に帰り着くと、お母さんの呼ぶ声が。「キュンキュンキュン……」かわいらしい小さな声が、いくつも聞こえてきます。そこには……。

「ミズちゃんもお母さんとつながっていたのよ」
「えーっ! ほんと?」
ミズちゃんの目がまん丸になりました。
「お母さんはおばあちゃんとつながっていたのよ」
「おばあちゃんは?」
「ひいおばあちゃんと」
「ひいおばあちゃんは?」

数え切れないほど、つながっていく大切なもの……。なんだと思う?

作紹介

陶彩画家。1960年、佐賀県生まれ。日本大学芸術学部演劇学科中退後の87年、焼き物の里、有田に入って陶彩画の研究を始める。91年、「今心工房」を開き、全国各地で展覧会を開催。シアトルマリナーズのトレーニングルームに作品が飾られるなど、奇跡の輝きをもつ新しい絵画として高い評価を得ている。

絵紹介

イラストレーター。1948年、沖縄県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。72年、第25回沖展 デザイン部門にて沖展賞受賞。94年、沖縄郵政管理事務所平成7年用年賀はがき最優秀賞受賞。02年、ダイキンオーキッド女子プロゴルフトーナメントポスター優秀賞受賞。03年、沖縄全土エイサーまつりポスター最優秀賞受賞。温かい作風と人柄が多くのファンを魅了している

担当編集者より一言

おかげさまで10万部を突破した「いのちのまつり」の第2弾が、ようやくの完成となりました。作者の草場さんとは、すっかり「魂の友」つながり。仕事の話だけではなく、人生のこと、親としてのこと、そして役割のこと――年に数回、佐賀と東京を行き来しながら、何度も語り合ってきました。草場さんと話をするときって、いつも全身が(細胞までが!)ワクワクドキドキするんですよね。ホント、不思議な人なのです。そして、物語のやり取りが終わり、平安座さんがしっかり描いてくださった絵も届いて、いよいよ最後。作者としてのメッセージが届きました。この絵本に関わることができて良かったと、心の底から思いました。そのときの感動が今も忘れられません。メッセージは本の最終ページと、帯の裏面に載せています。「おへそを見るたびに思い出してほしい。どんな時代も生き抜いてきた、たくさんのお母さんがいたことを。おへそに触れるたびに感じてほしい。お母さんをとおして、いのちはひとつにつながっていることを。お母さん! 本当にありがとう。 草場一壽」。全国の、いや全世界の人たちに届けたい絵本です。

読者さまの声

今、お腹に赤ちゃんを授かっていて、上の子に「おへそとおへそはつながっていたんだよ」とよく話していました。子どもにもこの本を読んで伝わったと思います。いのちのつながり…感動しました。ずっと見えない糸でつながっている!大切に育てていきたいです。(福岡県・主婦・32歳)

何気なく生きている毎日が、どれだけ多くの人に支えて助けてもらっているのか…。またおへそを大事にと昔から言われていたわけが、今この歳になり深くわかりました。孫にも送り、伝えていきたい大切なことだと思いました。(兵庫県・主婦・64歳)

すごくおもしろかったです。かあさんとぼくのへそのおはつながっていたけど、ばあちゃんとかあさんもつながって、みんなつないだながいみえないへそのおってすごいと思いました。(広島県・学生・男性・7歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る