• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
6000人を一瞬で変えたひと言2

6000人を一瞬で変えたひと言2

著者:大越俊夫

定価:1,320円 (10%税込)
ISBN978-4-7631-9639-2 C0030
四六判上製 本文101ページ
2005年4月15日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

ベストセラーの前作を超える感動の続編、待望の刊行!

30年にわたって不登校児・学校中退者と正面から向き合ってきた著者の、渾身の言葉を集めて大反響を呼んだ前作に続くパートII。厳しく、優しく、含蓄に富んだ言葉の数々が、彼らを劇的に変え、動かしてきました。「逆境」を糧とすること、「自己」を再発見すること、「勇気」を獲得することの大切さが、読む者の胸に迫ってきます。

目次より

◎苦しい時こそ、夢を語ろう。逆境は天国への入り口なのだから。
◎極端な「短所」は、極端な「長所」に通じている。
◎大きくキレる前に、小さくキレろ!
◎人に捨てられても心配するな。その二倍の力を持った人から拾われるから。
◎喜びは、分かち合うと「増える」。
◎「ここまでやった」と思った時が、スタート地点。  etc.


著者紹介

「師友塾」塾長。「国際教育アカデミー(AIE)」学院長。1943年、広島県尾道市に生まれる。73年、関西学院大学米文学研究科博士課程修了。帝塚山短期大学講師、コロンビア大学留学を経て、75年、不登校児・高校中退者のための「師友塾」を神戸に創設。以降、現在までに6000人を超える若者と正面から向き合い、日々真剣勝負を続けている。また、「AIE」(現本部シアトル)を設立し、日本からの留学生の育成にも力を注いでいる。『子どもが学校に行かなくなったら赤飯をたきなさい!』『6000人を一瞬で変えたひと言』(ともに小社刊)、『「ひとり立ち」できる子 がんばれる子』(海竜社)、『不適応能力』(致知出版社)など、著書多数。

担当編集者より一言

「“本”の範囲を超えてしまっている」「自分を縛っていたものから解放されました」「最初から最後まで、涙が出っぱなしでした」「力があり、魂があり、生きた英知となって自分に迫ってくる」など、前作に寄せられた読者からの感動の声を読むたびに、この本と係われて本当に幸せだと実感します。今回も、大越先生の深い「愛情エネルギー」に満ちています。ぜひ読んでみてください。イチオシです!

読者さまの声

ぼくにも理解できるひと言がありました。「限界の後に新しいスタートができる」「宇宙のリズムに乗る」「信じる力が人を変える」などですが…。改めて読んでみると、「理解」なんかより、「信じる心」が大切ですよね。(香川県・学生・男性・15歳)

元気がでました。今、中学校の教員として目の前の子どもたちに語って聞かせたい内容でした。『別人になるのではない。本当の“自分”に戻る』私自身に言っているような言葉でした。(埼玉県・公務員・男性・39歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る