• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

恵みのとき
病気になったら

著者:晴佐久昌英 /
画家:森 雅之

定価:本体価格 1,200円 + 税
ISBN978-4-7631-9617-0 C0093
四六判上製 本文79ページ
2005年3月30日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

愛する人に、いのちの詩(うた)を。
あなたから大切なあの人へ、そっと伝えてください。

人から人へ、手から手へ。ある一篇の詩が全国に広がっていきました。身体や心を病んだ方たちのあいだで、そっと、静かに……。その詩のタイトルは「病気になったら」。患者本人だけでなく、看病をつづける家族や関係者、医師たちに支持されたその詩が、孤高の作家・森雅之氏の絵とともに一冊になりました。大切なあの人へ、あなたも贈ってみませんか。
詩作の背景を綴った「泣いていいよ」も併せて収録。

「泣いていいよ」より
病気はつらい。誰が何といおうとも、ただただ、つらい。しかし、病気はただの不運ではないし、無意味な苦しみではない。――もしも病気が無意味ならば人生もまた無意味であり、人生が無意味ならばこの宇宙万物もまた無意味であろう。


著者紹介

1957年、東京生まれ。上智大学卒。87年、司祭に叙階。現在、カトリック高円寺教会司祭。著書に『星言葉』『だいじょうぶだよ』(女子パウロ会)、『あなたに話したい』(教友社)などがある。

画家紹介

1957年、北海道生まれ。76年、雑誌「漫波」にて『写真物語』でデビュー。96年、『ペッパーミント物語』で第25回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。著書に『夜と薔薇』『散歩しながらうたう唄』(ふゅーじょんぷろだくと)、『追伸』(バジリコ)などがある。

担当編集者より一言

この詩の原文と出会ったのは、八年間、ガンで闘病した身内が亡くなって間もないときのこと。「もし、本人が生前読んでいたら……」とそう思う以上に、看病をつづけてきた家族の立場からも、心にじわりと染み込む作品でした。そして本書の編集作業の渦中には、ボク自身が肺の病を患う身となりました。「看病する立場」と「病を患う本人」、その両方の位置からこの本『恵みのとき 病気になったら』をながめてみても、やはりこの詩には、とっても大切な「真理」が込められている気がしてなりません。編集担当というよりも、体験者として、自信をもってお薦めしたい一冊です。詩の力は、すばらしい!

読者さまの声

半世紀を越える親友から贈ってもらい、一気に読み終えました。終わる頃には文字が見えなくなるくらい涙が流れ、感動しました。(佐賀県・主婦・73歳)

病気のつらさや孤独に苦しんでいたので、この本を読んで超泣けました。病気になったら誰でも孤独でつらいのは同じなのかもと思えました。つらさを誰にも理解されないのは本当に悲しいことです。でも、この本があれば大丈夫。出合えてよかったです。(青森県・女・28歳)

心のしみる詩でした。病気の友人に贈ったら、「自分で出していた問いの解答をもらった感じがした。」と喜んでくれました。(兵庫県・会社員・女性・36歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る