• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

日記の魔力
この習慣が人生を劇的に変える

著者:表 三郎

定価:本体価格 1,300円 + 税
ISBN978-4-7631-9602-6 C0030
四六判並製 本文207ページ
2004年8月30日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

日記歴30年のカリスマ名物講師が説く、
人生を成功に導く日記術!

日記をつけはじめてみたものの、なぜか続かずに挫折する。そんな経験をお持ちの方にオススメなのが本書。日記の書き方、続け方、そして、その効果的な活用法のすべてを一冊の本にまとめたものです。
著者は日記歴30年の自称「日記の名人」であり、また駿台予備学校のカリスマ名物講師として有名な表三郎先生。「日記は人生のサポーター」が口ぐせで、人に会うと、つい日記を書くことを勧めてしまう「日記の伝道師」でもあります。
この本を読み終えたその日から、日記をつけたくなる……。そんな魔力を秘めた本です。

目次より

◎日記をつけると「使える時間」が増えるのはなぜ?
◎日記が人生にもたらす驚くべき変化
◎過去の思い出ではなく、未来をつくるために書く
◎感想を書くのはやめるにかぎる
◎マイナスはダメ、プラスの言葉を使え!
◎「目標を紙に書くと実現する」は本当か
◎なぜ読み返すことが重要なのか
◎脳の中で眠っていた回路にアクセスする道具 ほか


著者紹介

駿台予備学校講師。京都大学におそらく日本でいちばん多くの教え子を合格させてきたカリスマ名物講師。そして、30年以上にわたって日記をつけつづけた、自称「日記の名人」。
1940年、広島生まれ、大阪育ち。全共闘運動で、大阪市立大学の学生運動を指揮し、一躍勇名をとどろかせる。その後、妻子を養う必要に迫られ、予備校講師となるや、たちまち人気講師となる。その類まれなカリスマ性から、全国に「オモテ信者」とも呼ばれる教え子を多数輩出している。夜9時就寝、深夜1時起床という「超朝型生活」を実践。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語に加え、60歳を超えてからギリシア語と中国語の習得に挑戦中。本代に年間数百万円以上、散財することもあり、置き場所に困った数万冊の蔵書を保管するため、自宅の隣地に書庫専用の家を建てる羽目に。著書に『答えが見つかるまで考え抜く技術』(小社)などがある。

担当編集者より一言

著者の表先生は、私の浪人時代の恩師でもあります。当時、先生がことあるごとに「日記をつけるといいよ。でも、感想を書くんじゃなくて事実を書くんだよ」とお話しされていたのが、実はこの本の企画が生まれた端緒です。本書を読むと、日記をつける習慣が人生にどれだけ効果的な影響を及ぼすか、納得せずにはいられません。現在、日記をつけている人、これまで何度も日記を書いては挫折した人、そして、これから日記を書こうかと考えている人に、ぜひ読んでほしいと思います。

読者さまの声

日記を継続するコツを教えていただき、感動! 著者の言う通り日記をつけ始め半年が経過したが、生活習慣が激変した。(奈良県・会社員・男・34歳)

この本に出合ってからは毎日日記をつけています! おかげさまで、マイナス思考になることがなくなりました。この本に出合えてとっても嬉しいです。(東京都・大学生・女・20歳)

字が大きくて、読みやすかったです。日記はつけていましたが、人生の方向性まで意識して書く発想はなかったので「これは面白い!」と思いました。今日から日記の時間が楽しくなります。(岩手県・自営業・女・34歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る