• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
[新編集版]無双原理・易
マクロビオティックの原点
著者:桜沢如一 /
編集・解説者:岡田定三
定価:本体価格 1,600円 + 税
ISBN978-4-7631-9576-0 C0095
四六判上製 本文224ページ
2004年6月30日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

いま「マクロビオティック」は大ブーム。
無理もありません、狂牛病に鳥インフルエンザ、加工食品への異物の混入と、私たちの「食」は不安な材料ばかり。何をどう食べたらいいのか迷います。まるで、今日の状況を予言するかのように70年以上も昔、1931(昭和6)年にパリで刊行されたのが本書。もちろんフランス語でしたが、絶賛を浴びました。
それから5年後に日本語に翻訳、出版されてから現在まで読み継がれてきた歴史的な名著を、現代人にも読みやすい文章に編集しなおしました。
「食」と「健康」に興味のある人にとっては必読の、まさにバイブル的な存在です。

●主な項目
今こそ求められる無双原理/無双原理「易」とは何か?/無双原理と十二定理/科学と無双原理/応用化学と無双原理/医学と無双原理/政治・経済・社会政策などの指導原理としての「易」/桜沢如一略年譜・主な刊行物一覧


著者紹介

1893年、京都市生まれ。京都市立第一商業高校卒業。1937年に社団法人「食養会」の監事、38~40年には会長を務め、57年、日本CI協会を設立。66年に73歳で亡くなるまで、食養と世界平和のための運動に身を捧げた。19歳で石塚左玄の食養によって健康を回復したことがきっかけで本格的な研究も生涯を通して続けられ、著書は本書をはじめ、『東洋医学の哲学』『食養人生読本』など、多数ある。

編集・解説者紹介

1936年、京都市生まれ。同志社大学商学部卒業。会社勤めを経て、69年に33歳でムソー食品株式会社(自然食品製造販売)を創業して代表取締役に就任する。88年に退任後は、正食協会専務理事を経て、97年同協会会長に就き、現在に至る。16歳のとき桜沢如一氏に出会って以来、氏を師父と仰ぎ、30歳からマクロビオティックの啓蒙活動に参画して、現在も旺盛な講演・執筆活動を行っている。

担当編集者より一言

著者の桜沢先生の言葉を、一言一句、より正確に、わかりやすく伝えようとの思いが、編集・解説にあたってくださった岡田先生をはじめ、関係者のみなさんすべてから感じられ、緊張しました。この本もまた、末長く読み継がれ、多くの人たちの健康と幸せのお手伝いができることを祈ります。

読者さまの声

マクロビオティックの根原を知ることができました。それだけにとどまらず、私たちは自然の中で生かされているということがよく理解できました。(広島県・会社員・女性・24歳)

マクロビオティックの根原を知ることができました。それだけにとどまらず、私たちは自然の中で生かされているということがよく理解できました。(広島県・会社員・女性・24歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

この本を買った人はこちらも買っています

トップに戻る