• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

自殺って言えなかった。

編者:自死遺児編集委員会・あしなが育英会

定価:本体価格 1,300円 + 税
ISBN978-4-7631-9479-4 C0095
四六判並製 本文272ページ
2002年11月5日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

1998年、年間の自殺者が3万人を超えました。とくに働き盛りの40~50代の男性は、前年比150%の急増という状況です。それに伴い、自殺で親を失った遺児=自死遺児も激増。就学する若者たちの奨学金の援助と心のケアをつづける「あしなが育英会」によれば、98年に奨学金を受けた自死遺児が21人だったのに、01年度は8・5倍の178人にまで増えたそうです。親を自殺で失った子どもたちは想像を絶するほどに苦しみ、自責の念にかられています。そんな子どもたちが手記集を刊行いたしました。13人の大学生や専門学校生が中心となって思いをつづっただけでなく、10代の学生や残されたお母さんたちの声も集めた初の単行本。同じ境遇の子どもたちだけでなく、その親の世代の方々にも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。
◎【体験】ずっと、生きていてほしかった。
◎【文集を読んで】ボールを投げてくれて、ありがとう。
◎【妻たちの声】いつまでも、忘れられない。
◎【座談会】たくさんの壁を乗り越えて。  ほか


編者紹介

「自死遺児編集委員会」は、自殺で親を亡くして“あしなが育英会”から奨学金を受けている大学生、専門学校生の有志11人で組織。手記の執筆のみならず、本書の企画、内容の構成、遺族や遺児へのインタビュー、またブックカバーの撮影では彼ら自身が被写体となっている。また、彼らをサポートする「あしなが育英会」は、自殺、病気、災害、犯罪被害など交通事故以外の原因で親を亡くしたり、親が重度後遺障害のために働けない子どもたちに奨学金と心のケアで支援している民間非営利団体。

担当編集者より一言

1998年から2004年の現在まで、日本の年間自殺数は3万人を超えっぱなしです。これが実数字だとボクは思いません。それに、亡くなった方のみならず、未遂者、遺族の方々、関係者の方々まで広げるなら、一人の死から発生する「哀しみ」は、計り知れません。子どもたちは、すでに立ち上がっています。その声を、ぜひ読んでください。

読者さまの声

この本を読んで、命の大切さ、家族の大切さが分かりました。また、生きる勇気ももらえて、この世界で生きていける気がしました。人生の大切さを教えてくれてありがとうございます。(東京都・中学生・男・14歳)

この本を読んで涙が出てきた。人と接するときに、少しの行動に敏感になった。人を本当に、大切にしていきたいと思った。(鳥取県・高校生・女・15歳)

遺族の方の深い悲悩が伝わってきました。涙を流さずには読めませんでした。(滋賀県・公務員・女性・49歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る