• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
(文庫)弘兼式 なりゆきまかせの生き方のススメ
著者:弘兼憲史
定価:本体価格 700円 + 税
ISBN978-4-7631-6097-3 C0130
文庫判 本文284ページ
2018年2月15日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

知的脳天気であれ!
『課長 島耕作』の作者による「こだわりすぎない」生き方
読者を魅了してやまない漫画『島耕作』シリーズや『黄昏流星群』の連載を抱えながらもラジオ番組に出演、料理はプロ級、ワインも詳しい。――古希を過ぎても、大活躍の漫画家弘兼憲史先生ですが、その活躍や元気の秘訣はどこにあるのでしょうか? それは、何事にも自分の軸をもちながらも、「ま、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」というスタンスで、あまりこだわりすぎないことにあるようです。あなたも弘兼式の生き方で人生をエンジョイしませんか?
(本書は単行本『僕はこう考えて生きてきた』[2014年5月刊]のタイトルを変更、本文を再編集し文庫化しました)。

目次より

序章 自分の形はもつ
第1章 なりゆきまかせでもいい
第2章 人は好きになる
第3章 身軽で多趣味が楽しい
第4章 こだわりすぎない
終章 「知的な能天気」でいこう

著者紹介

1947年、山口県岩国市に生まれる。早稲田大学法学部を卒業。在学中は漫画研究会に所属。1970年、松下電器産業(現・パナソニック)に入社。のち、漫画家として独立するため1973年に退社。1974年に漫画家デビュー。その後『人間交差点』で小学館漫画賞、『課長 島耕作』で講談社漫画賞。2000年、『黄昏流星群』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2003年、日本漫画家協会賞大賞を受賞。その作品は深い洞察力をもって、人間や社会を描くエンターテインメントとして高く評価されている。2007年には紫綬褒章を受章。漫画以外にも『男子の作法』(SBクリエイティブ)、『弘兼憲史流 「新老人」のススメ』(徳間書店)など著書多数。『弘兼流 60歳からの手ぶら人生』『古希に乾杯! ヨレヨレ人生も、また楽し』(ともに海竜社)はベストセラーとなっている。また、料理の腕前はプロ級で、『弘兼流 60歳からの楽々男メシ』(マガジンハウス)を執筆。ワインにも造詣が深い。

担当編集者より一言

僕は『島耕作』『黄昏流星群』の大ファンです。二作品とも何十年も続いていますが、回を重ねるごとにますます面白くなっていると思います。人のこころをとらえるすごい作品を描き続ける弘兼先生ですが、漫画家でなかったら料理人になろうと思っていたほど料理はプロ級、ワインも詳しい。そんな先生ですからお会いするまでは、あらゆることにこだわりをもっているのだろうと思っていました。しかし、それは間違っていたようです。「自分の軸はしっかりもちながらこだわりすぎない」というのが先生の目指すところ。逆に、いろいろな分野で大活躍されているヒントはここにあるのかもしれません。あなたもこの本を読んで「知的脳天気」になりませんか?
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る