• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

記憶脳

著者:樺沢紫苑

定価:1,760円 (10%税込)
ISBN978-4-7631-4120-0 C0030
B6変型判並製 本文272ページ
2024年2月10日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook
期間限定 サンマーク出版の電子書籍が50周年で50%OFF!!

記憶ポテンシャル、無限化。
“記憶の概念”が根底から変わる本。
脳の仕組みから精神科医がひもといた「新時代の記憶術」。

情報は「脳に蓄える」より、「外化(自分の外側に記録)」することで
記憶のポテンシャルは無限に広がる!
脳の仕組みを研究した精神科医が、
AI時代の新しい記憶術について伝授します。
試験勉強、うっかりミス、物忘れ、効率UP、「無限記憶」ですべて解決します!
記憶の入口の「インプット」と出口の「アウトプット」を上手に回して、
人間の脳とデシタル脳を一体化させた「記憶脳」を手に入れることができれば、
仕事や学びの効率は、10倍、いや100倍以上も変わってくるでしょう。
ぜひ、日々の学びや仕事、暮らしにお役立てください!

※本書は、2016年1月に小社より刊行された『覚えない記憶術』を加筆・再編集したものです。

目次より

■「AI時代に記憶力なんか必要ない」という大ウソ
■記憶の「入口」と「出口」を鍛えれば記憶ポテンシャルは無限化する
■AI時代に脳を「最適化」せよ
■書くこと以上に消すこともモチベーションをあげてくれる。
■「絶対的集中状態」(フロー状態)に入る方法とは?
■朝1番に「TO DOリストを書く」ことではじまる好スパイラル
■脳に「記憶」するよりも「記録」することが大切
■「未完了タスクを貯めるな」オーバーフローさせない脳の使い方


著者紹介

精神科医、作家。1965年札幌生まれ。札幌医科大学医学部卒。2004年から米国シカゴのイリノイ大学精神科に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。「情報発信によるメンタル疾患の予防」をビジョンとし、YouTube(48万人)、メールマガジン(12万人)など累計100万フォロワーに情報発信をしている。著書46冊、累計発行部数240万部のベストセラー作家。シリーズ累計90万部の『アウトプット大全』(サンクチュアリ出版)をはじめ、『神・時間術』(大和書房)、『ストレスフリー超大全』(ダイヤモンド社)、『言語化の魔力』(幻冬舎)、『読書脳』(サンマーク出版)など話題書多数。

担当編集者より一言

「TO DOリストは書くこと以上に消すことに価値がある」という項目に、とても共感しました。なるべく「シャーッ!」と、心地よく「消す」ことが、脳の快感につながるとのこと。まさに納得です。小さな習慣術も多数掲載の本書、学生から認知症予防を考える中高年の方まで、広くお読みいただける記憶の本です。多くの方のお役に立ちますように!

読者さまの声

まだ全てを読んではいませんが自分は樺沢紫苑先生宗教なので出る本は全て買っています。全ての項目がとても人生で生きる上で大切で癒され、活かされており、考え方が変わりました。じっくり読みますね。(福島県・会社員・男性・46歳)

自分がいかにアウトプットが不足していることがよく分かりました。本を読んでる冊数は多くても記憶に止めることができず、行動に移すことができませんでした。これからアウトプットを全力で行い、分からない所を本を読んでインプットしようと思います。(栃木県・会社員・男性・44歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る