• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

かみさまは高校2年生

著者:すみれ

定価:1,430円 (10%税込)
ISBN978-4-7631-4092-0 C0036
四六変型判並製 本文155ページ
2023年11月20日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
期間限定 サンマーク出版の電子書籍が50周年で50%OFF!!

40万部突破『かみさまは小学5年生』から5年。
大人になる前のラストメッセージ!

2018年、世間を賑わせた一冊の本がありました。
その本のタイトルは、『かみさまは小学5年生』。
生まれる前の記憶が残り、
かみさまとお話ができる女の子として、
「幸せとは一体何か?」について語ったこの本は
瞬く間にベストセラーとなり、
40万部を突破しました。
 
——あれから5年。
高校生になった彼女が、帰ってきました。
「大人になる前のラストメッセージ」として、
語られるのは、
涙がこぼれるこの地球(ほし)の未来日記です。
 
戦争、経済破綻や格差、環境汚染、異常気象と、
今、世界は混迷を極めています。
人々はそんな状況に不安を覚え、怯えています。
 
果たして、これからこの地球(ほし)は
一体、どこへ向かうのでしょうか?
そして、私たちはこのまま
日本に住んでいて大丈夫なのでしょうか?
 
そんな誰もが気になる問いに対して、
彼女が出す答えとは——。
 
涙がこぼれる不思議な実話シリーズ完結編。
今世を生き切りたいと願う人に向けた、
かみさまとお話ができる女の子からの
ラストメッセージ!

目次より

・生きるって、それだけですごいこと
・どんな未来だってつくれる!
・今世には一度きりのものだらけ!
・ある魂を助けた、優しさのパン
・あなたもこの世界の美しさのひとつ
・人生最期の日、どんなことを感じたい?
……など、書き下ろしポエム25編収録
 
担当編集者とのスペシャル対談4本収録!
・僕たちの地球はこれからどこへ向かうのか?
・より良い未来をつくっていくために、僕たちは何ができるのか?
・一度きりの人生において、経験しておいたほうが良いこと
・これから生まれてくる赤ちゃんが、地球に住む僕たちに伝えたいこと

著者紹介

2007年生まれ。生まれたときから、かみさまや、見えないけれどひとりひとりを見守ってくれている存在たちとお話ができる高校2年生の女の子。ママのおなかに入る前のことをすべて覚えており、おなかの中のあかちゃんとお話しすることもできる。
現在、小さな体ながら全国を飛びまわり、子育てに悩むママはもちろん、一流企業の社長にも幸せを届けている。不定期で開催しているトークショーでは、魂まで響く深い言葉と歌声に毎回号泣の嵐を巻き起こしている。初の著書『かみさまは小学5年生』は、40万部を超える大ベストセラーとなる。
好きな食べ物はピザ(特にマルゲリータ)。特技は歌うこと。

担当編集者より一言

出会った頃は、小学5年生だった彼女も、いよいよ高校生に。
ついにこの時が来たのか……と感慨深いものがあります。
この本は「言葉の力」で言えば、間違いなく過去最高の完成度だと思います。
なぜなら、5年前のすみれちゃんに比べ、今回の書籍における言語化力は桁違いだからです。もちろん伝えているメッセージの本質的な部分は、5年前と何も変わっていませんが、高校生の彼女だからこそ伝えられる、魂に刺さるフレーズが満載です。今まさに、不安を感じている方や息苦しさを感じている方にお読みいただきたい一冊です。

読者さまの声

「中学1年生」の本は買えなかったけれども、すみれちゃんの声が聞けて良かった。いつか自分とすみれちゃんとつながり、お話しがしたいと思っています(似た力を自分が持っている気がするから)。すみれちゃんがいつこの活動をやめてしまうか分からないけれど、いつかは力になりたいと思ってます。この言葉、思いが本人に伝わればいいなと思っています。最後にこの本を見つけられて心から良かったと思っています。(岩手県・中学生・女子・14歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

トップに戻る