• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

科学的に幸せになれる脳磨き
人生の豊かさを決める島皮質の鍛え方

著者:岩崎一郎

定価:本体価格 1,600円 + 税
ISBN978-4-7631-3842-2 C0030
四六判並製 本文367ページ
2020年10月20日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

世界最先端の医学脳科学を
研究してきた科学者が見つけた「幸福学」。

脳の使い方を変えると、
「思いがけない力」が発揮されます。
特定の脳の使い方を続けていくことで、脳は磨かれていきます。
その方法を本書では「脳磨き」としてご紹介します。
 
じつは最新研究から、脳の中でも「島皮質」という部位を鍛え、
脳全体をバランスよく協調的に働かせることが、
その人の人生を豊かに幸せにするとわかってきました。
つまり「脳磨き」とは、この島皮質を鍛え、
脳全体をバランスよく協調的に働かせる「脳の使い方」なのです。
 
「脳磨き」の具体的な方法は、次の6つです。
 
◎感謝の気持ちを持つ
◎前向きになる
◎気の合う仲間や家族と過ごす
◎利他の心を持つ
◎マインドフルネス(脳トレ坐禅)をする
◎Awe(オウ)体験をする
 
どれも簡単にできるものですが、
この「脳磨き」は最新の研究を含む255の論文から導いたエビデンスに基づいています。
 
著者は、25年以上にわたり、ノースウェスタン大学医学部脳神経科学研究所など、
米国を中心に世界最先端の医学脳科学研究に従事してきた
脳科学者・医学博士です。
 
著者自身、長年「生きるのがつらい」という状況だったのが、
脳科学の視点から「こういう脳の使い方をすれば、自分や周囲にこういう変化が起きる」
ということを、一つひとつ身をもって探求し、人生を変えてきました。
そして、執筆にあたり、改めて膨大な量の論文を読み込み、体系立てて解説したのが本書です。
 
「歯磨き」が誰でもできる日々の健康習慣のように、
「脳磨き」で幸せ習慣をはじめましょう。

目次より

◎徹底的に科学的根拠を検証して生まれた「脳磨き」
◎幸福感が上がる目標設定法と下がる目標設定法
◎立て続けに起こる「良いこと」「悪いこと」は脳機能で説明できる
◎ホモ・サピエンスが生き延びたのは島皮質を鍛えたから
◎発明王エジソンに学ぶ「現在進行形の中で成長に目を向ける」秘訣
◎人に何かしてあげたときの幸福感は長続きする
◎テストの点数を大幅にアップさせるマインドフルネス
◎あなたは、Awe体験しやすい人? Awe体験しにくい人?
◎「脳磨き」で未来を予想できる

著者紹介

脳科学者・医学博士。京都大学卒。京都大学大学院修士課程修了後、米国・ウィスコンシン大学大学院で医学博士号(Ph.D.)取得。旧通産省の主任研究官、米国・ノースウェスタン大学医学部脳神経科学研究所の准教授を歴任。直接的に、世の中のため、人のためになるような研究・活動をしたいと志すようになり、日本に帰国後は、脳科学を活用し、普通の知性の人たちが天才知性を超えるパフォーマンスを発揮できる組織づくりの企業研修を提供する会社「国際コミュニケーション・トレーニング株式会社」を創業。現在までに200社以上で企業研修を行う。経営やリーダーシップを最新の脳科学で裏づけることの第一人者。著書に、『何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ』『なぜ稲盛和夫の経営哲学は、人を動かすのか?』(クロスメディア・パブリッシング)などがある。

担当編集者より一言

かねてから願望達成や自己成長のツールとしての「脳科学」に興味があり、数年前に岩崎さんの著書を読み、ご執筆の依頼をさせていただいたことがありました。しかし、その際はかなわず……。しかし、昨年ある出版ゼミで直接お会いすることができました! 数年来の願いがかなえられ、本作が誕生しました。
執筆前に、打ち合わせを兼ねて、数回「脳科学の講義」をしていただいたのですが、エビデンスに基づくお話は説得力があり、わかりやすく、ワクワクしながらお聞きしたものです。そのエッセンスが存分につまった本書をぜひお楽しみください。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る