• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑

著者:大野萌子

定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3801-9 C0036
四六判並製 本文318ページ
2020年8月30日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

これって、失礼? イラっとさせてる?
「言い方」で損をしないための本。

だれかの「ひと言」にイラっとしたこと、ありませんか? もしくは、「悪気はなかったのに、ちょっとしたひと言で相手を不機嫌にさせてしまった」「相手のためによかれと思って言ったのに、傷つけてしまった」というような、苦い経験はありませんか?
カウンセラーとして、2万人以上の社会人にコミュニケーションの指導をしてきた著者が、人間関係がぐんとスムーズになる「言葉のかけ方」を本書で紹介します。「よけいなひと言」を「好かれるセリフ」に言いかえるパターンを141例、15章のシーン別にわけて解説しています。
言葉というのは怖いもの。使い方を一歩間違えると人間関係にヒビが入ったり、取り返しがつかなくなったりすることもあります。パワハラにつながりやすいのも、無意識のうちに「よけいなひと言」を口にしているタイプです。同じことを伝える場合でも、「言い方」次第で相手の気持ちは変わります。よりよい人間関係をつくる大きな助けとなる一冊です。

目次より

第1章 挨拶・社交辞令
第2章 お願いごと・頼みごと
第3章 断り方
第4章 気遣い
第5章 ほめ方
第6章 返事
第7章 自己主張
第8章 注意・叱り方
第9章 他人との距離
第10章 聞き方
第11章 謝罪の仕方
第12章 SNS・メール
第13章 マイナス意見
第14章 子育て
第15章 ハラスメントになりやすいNGワード

著者紹介

一般社団法人日本メンタルアップ支援機構(メンタルアップマネージャ®資格認定機関)代表理事。法政大学卒。産業カウンセラー、2級キャリアコンサルティング技能士。
企業内カウンセラーとしての長年の現場経験を生かした、人間関係改善スキルを得意とする。コミュニケーション・ハラスメント・メンタルヘルスに関連する行動変容に直結する研修・講演を、防衛省をはじめ、大手企業等で年間150件以上行う。また、だれでも参加できる「生きやすい人間関係を創る」コミュニケーションスキルを1日で学べる「メンタルアップマネジメント講座」を開催している。
著書『「かまってちゃん」社員の上手なかまい方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『言いにくいことを伝える技術』(ぱる出版)ほか、メディア出演多数。東洋経済オンラインにて2019ロングランヒット賞を受賞。

担当編集者より一言

カウンセラーとしてたくさんの方と話す機会のある大野萌子先生は、やさしく包み込んでくださるような方。話しているときに、異論をおっしゃったり、声を荒げたりするようなことは一切なく、まず受け入れてくださる。カウンセラーの世界では「傾聴」と呼ぶそうなのですが、たとえカウンセラーでなくとも、ぜひ取り入れたい姿勢だと思いました。さらには、「うれしいです」「素敵ですね」と笑顔で言ってくださるのも、とても心地よく、打ち合わせは和気あいあい、とても楽しい時間でした。ぜひ本書で、相手をイラっとさせるのではなく、好印象を与えるような「ひと言」を、大野先生に教えていただきましょう。新社会人の方はもちろん、上司・部下、同僚、友だち、家族との関係を改善させたいと思っている、さまざまな立場の方にお役立ていただけたらと思います。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る