• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

祖父・多田等観が語った チベット密教 命がホッとする生き方

著者:佐藤 伝

定価:本体価格 1,500円 + 税
ISBN978-4-7631-3784-5 C0030
四六判並製 本文239ページ
2020年2月25日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
1週間以上かかる場合がございます
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

単身チベットに入り、ダライ・ラマ13世から薫陶を受けた祖父が、
孫に託した「光の教え」とは?

大正時代に、「陸の孤島」といわれたチベットに入り、先代のダライ・ラマの薫陶を受けた日本人がいた―それが、著者の祖父・多田等観である。10年ほどチベットに滞在し、ダライ・ラマのもとで修行。帰国するときには、経典や宝物を多数持ち帰った。
子どもだった著者の佐藤伝さんは、ときおり家を訪れる等観から、いくつもの「人生の知恵」を授かる。それは、チベット密教の神髄ともいえる内容だった―。
行動習慣の専門家として活躍し、ベストセラー作家でもある著者の人生の礎となっている祖父・多田等観の教えを通して、〝命がホッとする〟生き方の極意を学ぶ。

目次より

◎「すべては予定通り。宇宙のシナリオに乗って生きなさい」~流れにさからわないで生きるのが宇宙の法則
◎「ホッとするほうへ行け。苦労はドブに捨てていい」~苦しい道でなく、楽しい道を選べばいい
◎「修行などしなくていい。人生は遊行だよ」~ 死んでからでなく、生きている今を極楽にせよ
◎「何者かにならなくていい、ただ息をしているだけでいい」~何者かになる必要はない
◎「安定と変化を超えて、その上の成長をめざすんだよ」~どちらでもいい、と手放したとき、成長がやってくる
◎「ありがとうには『ございます』をつけなさい」~ミラクルな言葉を言うと、奇跡が起きる

著者紹介

起業と習慣の専門家。著作150万部突破のミリオンセラー作家。
脳外科医で医学博士の父と仏教学者の祖父の影響のもと、科学的行動習慣について研究を重ね、そのエッセンスを30年間にわたり実践指導。
メジャーリーグの大谷翔平選手も愛用する「9マス(ナイン・マトリックス)」というユニークな問題解決&夢実現法の開発者として、上場企業のリーダー研修や教育機関での講演、またウィーン・ニューヨーク・ミラノ・ロンドンなど海外での講演にも引っ張りだこの人気講師である。
朝活のパイオニアとして18年以上継続しているPREMIUM朝カフェは、全国各地からファンが集う出会いの場となっている。
人生でいちばん大事なことは、「なんとなくイイ気分」であると独自の理論を展開し、そのスピリットを学べるDream Navigatorプログラムは、超・人気講座となっている。親しみやすく明るく謙虚な人柄から、幅広い年齢層から「伝ちゃん先生!」と慕われている。

担当編集者より一言

佐藤伝さんは、行動習慣の専門家として、これまでベストセラーも出されている方で、以前からさまざまな場所でお会いしてお話しする機会をいただいていた。別件で打ち合わせをしているときに、ふと話に出たのが、「私の祖父は、多田等観といって、単身チベットに渡って、先代のダライ・ラマにかわいがられた人だったんだよ」とのこと。しかも、伝さんの活動の中核をなす習慣のこと、また人生哲学は、祖父である多田等観からの教えがベースになっているとのこと。勉強不足で多田等観という人を私は知らなかったが、話を聞けば聞くほど、波瀾万丈、すごい人生を生きた人だとわかった。そして、まだ子どもだった伝さんとのやりとり、エピソードがまた、一つひとつ、じつにおもしろい。これまでそこに焦点を当ててまとめた本はないと伺い、ぜひ、そのテーマで本をつくりましょうということになった。昨年の夏には、私も等観の故郷である岩手の花巻博物館で行われていた『多田等観展』に行き、等観がチベットから持ち帰ったさまざまな宝物を直接見る機会もあった。今回は漫画家の七重正基さんに冒頭の漫画もお願いし、多田等観という一人の人物にスポットをあてて、そこから紡ぎ出されるチベット密教の神髄の教えに迫った。日々の生活に疲れた人、人生をもう一度見つめ直したい人にぜひお勧めしたい一冊である。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る