• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

こんなせんそうなら、したい!

著者:キタ大介

定価:本体価格 1,200円 + 税
ISBN978-4-7631-3769-2 C8793
A4変型判上製 本文32ページ
2019年7月15日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

「せんそう」のお話なのに、
子どもたちがなぜか大爆笑する絵本!

「しょくん、このたたかいは だれも泣かない!
だから どっちが 負けたのか 分かりにくい!」
 
はじめに言っておく! これは非常に不思議な絵本だ! 
なぜなら「せんそう」のお話なのに、ページをめくるたびに子どもたちが大爆笑するからだ! 多くの子どもがゲラゲラと腹を抱えて笑うのだ。
 
さらに物語のクライマックスには、「なんて深い話なの!」と大人たちまで思わずうなるシーンが待っている。心して読んでくれ。
 
さて、それではこの物語のあらすじを紹介するとしよう。
主人公の“ぼく”がある晩に始めたのは、「せんそうごっこ」。でも、それはただの「せんそう」ではなかった!
 
「しょくん、このたたかいは 敵を 笑わせたら 勝ちだ!」
 
そう。このたたかいのルールは1つ。敵を笑わせたほうが「勝利」を勝ちとることができるということだ。そこで“ぼく”は、「うんこミサイル」や「コチョコチョマシンガン」をはじめとする、ふざけた作戦を次々とくりだし、敵を総攻撃! さて、このたたかいの結末はいかに?
 
辛いことだって、こうすれば楽しくなるんじゃない? 
絵本史上、最もふざけていて、最も深い、発想転換絵本の完成だ!

著者紹介

1979年7月7日生まれ。岡山県出身。お笑い芸人として、NHKや民法のお笑い番組、企業のCMに出演するかたわら、イラストレーターとして雑誌の挿絵や、大手企業の広告イラストを担当。
父親が自衛隊員だったことから、「せんそう」が家族の会話の中で身近なテーマとなっており、今回の絵本執筆にいたる。趣味・特技は、合気道。今回が初の著書となる。

PR動画


担当編集者より一言

タイトルを見たとき、「こんな攻撃的なタイトルの本、出版して大丈夫!?」と大抵の方がぎょっとされるのですが、ご安心ください。誰かを傷つけるようなメッセージはなにひとつ含まれておりません。それどころか、この本に書いてあるような「せんそう」が実際に起こったら、世界中の人が笑顔になれる可能性だってあります。そのことを証明するように、読み聞かせをした多くの子供たちがゲラゲラと腹を抱えて大爆笑するんです! 「せんそうなのに、どうしてそんなに爆笑が起こるの!?」と思った方は、ぜひ中をご覧ください!
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る