• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

彼女が性被害に遭うなんて

著者:マルクス

定価:本体価格 1,200円 + 税
ISBN978-4-7631-3741-8 C0095
A5判並製 本文170ページ
2019年3月25日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

ネットで話題騒然の実録コミックエッセイ!
――犯行の動機は「性欲」だけではなかった。

僕の彼女はある日突然、「性被害者」になってしまった。
 
その日から彼女の笑顔が消えた。身なりをあまり整えなくなった。
一緒にテレビなどを見ていても、些細な描写でフラッシュバックを起こすようになった。
 
警察庁の犯罪統計資料によると、平成29年の刑法犯「強制性交等」は認知されている件数だけでも1111件。
同じ年の刑法犯「強制わいせつ」にいたっては、認知数5808件にものぼる。
 
つまり、1年間で換算すると毎日どこかで20人弱もの人が涙を流していることになる。
もう一度言うが、認知されているだけでこの数なのだ。
 
強姦、セクハラ、痴漢……
許すまじき性犯罪は我々の半径5メートルで“日常的”に起こっている。
そして、「性犯罪」は被害者本人だけでなく、その家族・パートナーにも想像を絶する傷跡を残すものだ。
だから僕は、
「こうした悲しい出来事をなくしたい」
「同じような境遇の人にも、そうでない人にも性被害の現実を知ってほしい」
そんな思いで、この本を描いた。
 
「僕の彼女が性被害に遭うなんて」――
そう。本当にまさかだった。だから、この本に描いたことは、決して僕たち2人に関する物語ではない。
あなた自身の物語でもあるのだ。

目次より

第1話 性被害者との性交渉
第2話 性被害者の幼児化
第3話 被害者にやってはいけないこと
第4話 未遂
第5話 被害者家族・パートナーへの二次被害
第6話 男が心に飼う「獣」
第7話 被害者を苦しめる考え方〜レイプカルチャー・ノットオールメン〜
第8話 権力者
第9話 女性を黙らせる世の中なら、男性から声をあげよう
第10話 今でも続く葛藤
第11話 うらやましい
第12話 カミングアウト
第13話 後だしジャンケン
第14話 自尊心を取り戻すラベリング効果
第15話 性被害者の医学的ゴール 
僕と彼女のその後

著者紹介

彼女が性的暴行を受けたことから性犯罪のない世の中を目指して、漫画を描くことを決意。性被害に遭った彼女との日常生活を描いたその漫画をTwitter(@b_ksou)で公開したところ、男女問わずあらゆる層に拡散され話題に。
Twitterでは、「まだまだ社会に残る日常的な男尊女卑問題」や「セクハラや強制わいせつが起こる心理構造」についてなど、社会に一石を投じる漫画も公開されており、大反響を起こしつづけている。本書が初の著書となる。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る