• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
いぬとぼく、おなじひにうまれた

いぬとぼく、おなじひにうまれた

著者:のぶみ

定価:本体価格 1,200円 + 税
ISBN978-4-7631-3732-6 C8771
B5変型判上製 本文32ページ
2018年11月15日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

こころでわかる、めぐりめぐるいのちの縁(えにし)。
絵本作家のぶみが描く、あたたかくて深い物語。

犬のゴンとぼくはおなじ日に生まれた。
いつも一緒にいたし、いつもぼくを助けてくれた。
でも、ぼくが小学6年生のとき、ゴンは死んでしまった。
とても悲しくなって、たくさん泣いた。
 
ある日、パパが一匹の犬を連れてきた。
ゴンが死んだ日に生まれた犬なのだそうだ。
飼うことになって可愛がった。
 
ところが、そのあともずっと不思議なことが起きた。
犬とぼくの物語は続いていった……。
 
こころでわかる、めぐりめぐる命の縁(えにし)。
絵本作家のぶみが描く、あたたかくて深い物語。

著者紹介

絵本作家。絵本を200冊以上出版。NHK Eテレにて「うちのウッチョパス」「みいつけた! おててえほん」放送中。「週刊女性セブン」では「ごりらかあさん」連載中。代表作に『ママがおばけになっちゃった!』シリーズ(講談社)、『このママにきーめた!』(小社)、『しんかんくん』シリーズ(あかね書房)他。「情熱大陸」や「世界一受けたい授業」などテレビにも多数出演。Instagramを毎日更新中。


担当編集者より一言

ひと昔前の個人的な話ですが、飼っていた猫が亡くなったあと、ご縁のあった次の猫に、以前の猫の面影を重ねている自分がいました。どうも仕草が似ている。食べるものの好みも。「う~む。きみは、もしかして生まれ変わりじゃないよね? まさかね~」。ゴロゴロと喉を鳴らすその子を抱っこしながら、そうつぶやいたことを覚えています。ほんとうのところは誰にもわかりません。生まれ変わりがあるのか、ないのかも。でも、出会った人や動物が、何だか初めて会った気がしないことってありませんか? 絵本作家のぶみさんが描いてくれたファンタジーな世界。夢のような話かもしれませんが、この絵本を読んで、一人でも生き物を大切にする人が増えてくれたら嬉しく思います。

読者さまの声

長男の小学校で読み聞かせをさせてもらっていて、次に読む本を探しに行ってみつけました。明るい表紙にかわいい絵、帯のコメントに目をうばわれ手に取りました。ものすごく深くて悲しい話でもあるのに、なぜか笑えて読み終わったあと、心があったかくなり、ぜひ子ども達にも聞かせてやりたいと思いました。子ども達の反応が楽しみです♪(宮崎県・会社員・女性・35歳)

最後のシーンが感動して泣いてしまった。2歳の息子はくり返し本を読んでいます。(茨城県・会社員・男性・30歳)

もともとのぶみさんの絵本が好きで何冊か購入していましたが、犬を愛している私にとって犬の心温まる絵本と知り、何軒か書店を巡ってやっと購入できました。思った通り愛犬との縁を感じる絵本で、手に入れることができて良かったと思いました!(福島県・公務員・女性・43歳)

もっと見る
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る