• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

不惑心

著者:はづき虹映

定価:本体価格 1,500円 + 税
ISBN978-4-7631-3731-9 C0030
四六判並製 本文268ページ
2018年11月25日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

「しくみ」がわかると、悩みは一瞬で消える。
人生を軽やかに、しなやかに生きるための知恵。

私たちが生きている「見える世界」の奥には、「見えない世界」が広がっています。「見える世界」が幹ならば、「見えない世界」は根っこ。
つまり、「見えない世界」がわかれば、この世界をどのように生きていけばよいか、という人生のあり方も見えるのです。
 
「見えない世界」の根っこをしっかり張って生きるには、あらゆるものにあてはまる「宇宙のルール」を知ることです。
宇宙のルールとは、次の5つ。
 
1.私たちは体験を味わうために生まれてきた。
2.体験それ自体に「良い・悪い」はなく、体験のバリエーションが増えることが、宇宙の意志であり、そこに私たちの生きる意味や目的もある。
3.この世はすべてエネルギーで成り立っている。出したものが受け取るもの。投げかけなければ返ってこない。エネルギーは変化するだけで、なくならない。
4.私たちは「ひとつ」からきて、「ひとつ」に還るだけ。「ひとつ」に気づき、味わうために、あえてこの3次元で「分離感」を味わっている。
5.あなたはあなたの世界の創造主。あなたが体験することは、すべてあなた自身が創造(想像)したもの。この世は想いしか実現しない。
 
これらのルールが心にしっかりと根をおろしたら、人生をより楽しく、楽に生きられるようになってきます。
 
人生にはいろんなことがあります。そのなかで、揺れ動いても、悩んでも、迷ってもいい。でも、根っこがしっかりしていれば、枝や葉っぱがいくら風に揺さぶられようとも、生き方が揺らぐことはありません。
いくらでも自由に軽やかに揺れ動くことができる。それでも、惑うことはない。いや、「惑えない」心―――それが、本書のテーマである「不惑心」です。

目次より

●やりがいのある〝しなくていい〟仕事を見つける
●〝無責任〟に生きることを自分に許す
●すばらしい未来のためには計画は必要ない
●考えるより先に、始めてしまおう
●壁にブチあたったら、アトラクションの始まり
●セールスの極意は「見えない世界」にある
●みんな違うからこそ、価値と意味がある
●「問題だ!」と思った瞬間に問題が現れる
●すべての悩みは、比較することから始まる
●今いる場所が、「神とひとつになる」道

著者紹介

作家。講演家。1960年兵庫県生まれ。関西学院大学卒業後、大手百貨店勤務を経て独立起業。広告代理店・企画会社を経営し、順調に業績を上げる中、1995年の阪神・淡路大震災をキッカケに、「目に見えない世界」の探求に目覚める。「カバラ数秘術」をもとに独自に編み出した「はづき数秘術(誕生日占い©)」で2万人以上を診断、「コワイほど当たる!」とマスコミでも大きな話題になる。
現在は「数秘術」における日本の第一人者として、この智慧を活かしたコンサルタント業やカウンセリング、講演やセミナーを開催。またビジネスマンとして、数々のオリジナル商品を企画プロデュースし、出版社を立ち上げ、自ら編集・プロデュースをこなすなどマルチに活躍。
著作は『「いま・ここ」にある幸せに気づくセンタリング』(小社)、『2週間で一生が変わる魔法の言葉(じゅもん)』(きこ書房)、『お金に愛される魔法のお財布』(永岡書店)、『誕生日占い』(中経の文庫)、『すごい片づけ』(河出書房新社)など80冊以上、累計部数は200万部を超える。

担当編集者より一言

日本で屈指のスピリチュアルリーダーであるはづき虹映さんの本は、2010年の『「いま・ここ」にある幸せに気づくセンタリング』に続いて2冊目。はづきさんはいつも、人間が生きるときにもっとも大切な本質的なことを、じつにシンプルに、わかりやすく解説してくださる。本書も、頭で考えているだけでは解決しない日常の悩みや問題などを、「見えない世界」を観ることによって、いともかんたんに解きほぐしてしまう。その慧眼にはただただ脱帽である。読み進めていくうちに、心にわだかまっていたものがすっきりと消え、背負っていた荷物が軽くなっていることに気づくだろう。さまざまな変化が訪れるこの時代、大切なのは「揺るがない」ことではなく、どれほど揺れ動いても惑うことのない「しなやかな強さ」である。よりよく生きるための知恵が詰まった現代人必読の一冊である。

読者さまの声

たいへん面白かった。何度も何度も読み返したくなる本、私はこういう本をずっと心待ちにしておりました。又、日々考えている事とマッチングしており、こういう考え方もあるのだなあと、とても不思議なつながりを感じ、印象に残る一冊の本との素敵な出逢いへと出愛、大変心より嬉しく大満足であります。(山形県・会社員・女性・43歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る