• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

「愉快な人生」を生きる

著者:田口佳史

定価:本体価格 1,700円 + 税
ISBN978-4-7631-3727-2 C0030
四六判上製 本文218ページ
2019年1月20日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

なにごとも「楽しんでやる」人にはかなわない。

天は「愉快」を望んでいる。そのためには「いま、ここ、自己」に全力集中して生きること――。東洋哲学の深い知恵と洞察から生まれた、“第二の人生を輝かせる生き方”とは? 東洋思想研究の泰斗が、“人生百年時代”に生涯現役ですごすための「考え方」「働き方」「愉しみ方」を伝授します。
 
序 章 「愉快」は天の望み
第1章 心はこうして整えよ
第2章 天意にかなう生き方
第3章 自分のためより人のために
第4章 命は日々新しく
終 章 あとがきにかえて
 
◎「志」なくして愉快な人生はありえない 
◎一心に打ちこめば、そこに「無心」が生じる 
◎「あきらめ」から生まれる強い心とは? 
◎みずから信じるものを「誠の心」で敬え 
◎天命を知り、天意を実践する人は「運が強い」 
◎「自分を引きたててくれる人」と知りあう方法 
◎高収入の決め手は「独自の価値」の提供 
◎下り坂こそ、初心に返って根本を見つめ直す 
◎多く「知る」よりも、深く「考える」ことが大切 
◎知足の心から生まれた「生きているだけで百点」 
◎「自分のため」より「人のため」のほうががんばれる 
◎「今日の一歩」にまさる明日の二歩はない 
◎死に直面した「絶対的孤独」から学んだこと 
◎これまでつちかってきたスキルを活かして生きる 
◎命が尽きるその日まで「愉快な旅」をしよう etc.

著者紹介

1942年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、日本映画新社入社。新進の映画監督として活躍中の25歳のときにタイで重傷を負い、生死の境で「老子」に出会う。以来、中国古典思想研究に従事。72年、株式会社イメージプランを創業。東洋リーダーシップ論を軸に、2000社にわたる企業指導を行う。また企業、官公庁、地方自治体、教育機関など全国各地で講演・講義を続け、10000名を超える社会人教育の実績を持つ。著書に『社長のための孫子の兵法』 (小社)、『超訳 孫子の兵法』『超訳 言志四録』(ともに三笠書房・知的生きかた文庫)、『いい人生をつくる論語の名言』(大和書房・だいわ文庫)、『論語の一言』『老子の無言』『孫子の至言』(以上、光文社・知恵の森文庫)、『リーダーに大切な「自分の軸」をつくる言葉』(かんき出版)など多数。

担当編集者より一言

本書の冒頭に書かれていること、今更ながら驚きます。これまでの時代なら、20歳で社会に出て60歳の定年まで働いたら、その40年間で仕事人生はリタイアでした。でもこれからの“人生百年時代”には、60歳からまた同じ長さの40年間があるのです。その時間を、どう生きるか? それって、ほんとうに大問題です。田口先生が東洋思想・哲学研究の末に行き着いた「人生の後半戦の心構えと戦い方」を、「愉快」というキーワードをもとに提起します。本書を読むと、あなたもきっと、いますぐ準備を始めたくなりますよ!
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る