• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

しなくていいがまん

著者:小林麻耶

定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3715-9 C0095
四六判上製 本文215ページ
2018年11月15日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

無意味な謙遜やいらないつよがりはやめて、
自分らしく、素直に生きよう!

――「がまん」というのは、明日がぜったいに来るって思うから、できてしまうんです。
 
「わたしたちは社会のなかで生きている大人です。それゆえに当然ですが、“したほうがいいがまん”もあります。それでも、まわりの目を意識して、いつも人に合わせて、誰かを喜ばせようとして自分の心を押しつぶすような“しなくていいがまん”は、1日も早くやめたほうがいいのではないでしょうか。」(本文より)
 
人生には思いもよらない事態が起こるものです。ではそんなときに、「もっと、ああしておけばよかった」と後悔しないため、私たちが今この瞬間からできることとはなんでしょうか。
……それは“しなくていいがまん”をやめて、自分の気持ちに正直に生きることです。
 
「好きなことをする。それは自分のいのちを大事にすることにつながっています。」
 
「自分にやさしくする。そうすると人に対してもやさしい気持ちになれるんです。」
 
フリーアナウンサーへの転身、体調不良による強制終了、最愛の妹との別れ、そして運命の出会いを経て結婚――。激動の時期をすごした小林麻耶さんが、今だからこそ伝えられる「自分らしく生きること」の本当の意味。

目次より

Prologue
 
1章・本当につよい人はつよがったりしない ~自分についての「しなくていいがまん」~
「みんなに好かれたい」をやめる/「あふれる涙をこらえる」をやめる/「つよがって一人でがんばる」をやめる
 
2章・自分らしくいられる人との距離感 ~人間関係についての「しなくていいがまん」~
「人生を友だちの数で計る」をやめる/「無意味な謙遜」をやめる/「人の悪口を言わない」をやめる
 
3章・がんばらない働き方 ~仕事についての「しなくていいがまん」~
「正しさにこだわる」をやめる/「わたしなんてまだまだダメ」をやめる/「わかっているふり」をやめる
 
4章・しても、しなくても ~結婚についての「しなくていいがまん」~
「好きな人になんでも合わせる」をやめる/「みんなに喜ばれる結婚」をやめる
 
5章・ただ生きているだけで ~生と死についての「しなくていいがまん」~
「完璧な母親」をやめる/「来てもいない未来の心配」をやめる/「生と死に善し悪しをつける」をやめる
 
Epilogue  「幸せになりたい」をやめる


著者紹介


担当編集者より一言

小林麻耶さんと初めてお会いした時、「なんて自然体のまま生きている人なんだろう!」と衝撃を受けました。心からこみあげる笑顔に、嘘ひとつない言葉。すべてにおいて、誠実に、自分に丁寧に生きている方だと感じたのです。
しかし、話を伺っていく中で、その境地にたどり着くまでにはたくさんの葛藤や、回り道があったことを知りました。僕はその人間らしさの一端に触れ、編集者としてだけではなく「個人」としても成長できたように思います。「明日がくることは当たり前じゃない」という月並みの言葉が腑に落ち、家族や友人など身近にいる人との時間を大切に過ごせるようになりました。

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る