• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

結局どうすればいい感じに雑談できるようになるんですか?

著者:川島達史

定価:本体価格 1,300円 + 税
ISBN978-4-7631-3712-8 C0036
四六判並製 本文206ページ
2018年9月15日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

徹底検証で判明した、簡単で誰でも雑談できる方法。
会話が苦手な3000人も楽しく話せるように!

元引きこもりだったにも関わらず3000人を雑談上手に導いた、
最強の雑談スキルを大公開。
それらは、
①何百冊もの本に書かれているスキルを研究
②雑談スキルを各3000回ずつ練習して精査
③テレビや落語を文字起こしして分析
④各スキルを学んだ人の反応データを収集
を経て厳選された、簡単に使いこなせて効果の高いものばかりです。
 
そもそも雑談スキルには
「使うのが難しい」「効果が出やすい」「使い方を間違えるとわざとらしくなる」
など、それぞれに特徴があります。
しかし今広まっているスキルは特徴が整理されていないから、
むやみに勉強したり取り入れたりしても、思うように結果が出にくいのです。
 
本書では、これまで著者や3000人の生徒さんが実践して
ラクに取り入れられ成果があがった方法だけをお伝えします。
基本のスキルは9つで、
使えそうなものやできそうな部分だけ取り入れればOKです。
 
ほかに、「どうしよう、困った」と思う場面の対処法や
いつでも気軽に使えて距離を縮めるコツ
どんな相手でも焦ったり迷ったりしない話の進め方もご紹介します。
 
雑談に苦手意識のある方や、人ともっと距離を縮めたい方は
ぜひ、実践してみてください。
結局この本だけで、いい感じに雑談できるようになりますよ。

目次より

PART1 雑談の「困った」を一気に解決! こんなときどうする?
PART2 使うたびに距離を縮める雑談のコツ
PART3 結局、9つの雑談術でいつでも話が盛り上がる
PART4 誰とでも話が続く雑談の進め方

著者紹介

コミュニケーション講師。精神保健福祉士。
これまで10~70代の3000人以上に雑談スキルを指導。大学院では雑談の研究を行い、会話トレーニングを開発した。
自身も対人恐怖症に苦しめられ引きこもりを経験。家族にすら顔を合わせられない状況から抜け出すために、会話術を勉強しては部屋のポスターに向かって各3000回ほど練習。症状が良くなったものもあれば悪化したものもあり、会話術には間違ったやり方や取り入れるコツがあることを体感。
社会復帰後は一般企業で働いたのち「ダイレクトコミュニケーション」を設立。自身の体験と生徒の反応、検証データを大事にしながら首都圏と関西圏で講座を開催している。

担当編集者より一言

「色々言うけれど、結局どうすれば雑談できるようになるの?」
「結局、明るい性格で面白い生活が送れないといい感じの雑談はできないんじゃないか」。
私自身ずっと心の底でそんなふうに思って(嘆いて?)いました。
でも川島さんに「雑談スキルには特徴と難易度、正しい使い方がある」ことをお聞きしてとてもびっくり。「これを知らなかったから、微妙で不自然な雑談になっていたんだ」と腑に落ちました。
雑談に苦手意識がある人の気持ちが、痛いほど分かる川島さん。だからこそ、このメソッドは「私でもできるかも」と思えて、心が軽くなるものばかり。
半信半疑な方にもぜひ、読んでいただけたら嬉しいです。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る