• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

マンガでぐっすり! スタンフォード式 最高の睡眠

著者:西野精治

定価:本体価格 1,300円 + 税
ISBN978-4-7631-3711-1 C0030
四六判並製 本文197ページ
2018年8月30日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

30万部突破のベストセラー睡眠本がマンガに!
睡眠時間を増やさずにぐっすり眠る方法とは!?

30万部を突破した『スタンフォード式 最高の睡眠』がマンガになりました!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(あらすじ)
乳製品専門商社に勤める主人公・竹宮まゆ(25)は、
海外とのやり取りが多いこともあって
睡眠時間は不足しがち。寝不足で働く毎日を過ごしていた。
最近は肌も荒れ気味で、小さなミスも目立つように……。
 
そんなとき、若手睡眠研究者の如月タクミと出会い、
「すべて睡眠負債が原因だ」と告げられる。
 
はたして「睡眠負債」とは?
時間がない中、まゆはぐっすり眠れるのか?
タクミが明かしたのは、科学的根拠に基づく「睡眠の質を高める解決策」だった―
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スタンフォード大学の最新科学で裏付けられた
究極の熟睡プログラム。
ぜひ、マンガで「ぐっすり眠る」秘訣を手に入れて
「朝、起きられない」「日中眠たい」「寝ても疲れが取れない」といった悩みを
解消してください!
 
(本書のおもな内容)
◎「たっぷり寝る」より「ぐっすり寝る」べき科学的根拠
◎眠れないと、太る・病気になる・肌も荒れる…寿命も縮む
たった40分の睡眠不足を解消するのに3週間必要!?
◎理想の睡眠時間は「90分の倍数」ではなかった!?
◎世界の睡眠実験でわかった驚きの事実
「お風呂に入る時間」でぐっすりか否かが決まる
◎必ずスッキリ起きられる「スタンフォード式 アラームセット法」
「夜の冷やしトマト」で睡眠力がアップする ほか


目次より

第1章 なぜ人は「人生の3分の1」も眠るのか?
    ――睡眠にしかできない5つのこと
第2章 熟睡を導く「黄金の90分」の法則
    ――「たっぷり寝る」より「ぐっすり」眠ろう!
第3章 スタンフォード式 最高の睡眠法
    ――「体温」と「脳」が睡眠の質を左右する
第4章 スタンフォード式 覚醒戦略
    ――睡眠の質がさらに高まる「日中の過ごし方」

著者紹介

西野精治(にしの・せいじ)
スタンフォード大学医学部精神科教授、同大学睡眠生体リズム研究所(SCNラボ)所長。医師、医学博士。
1955年大阪府出身。大阪医科大学卒業後、1982年から2年間、大阪府堺市杏和会阪南病院で研修医を務め、1987年、大阪医科大学大学院からスタンフォード大学医学部精神科睡眠研究所に留学。突然眠りに落ちてしまう過眠症「ナルコレプシー」の原因究明に全力を注ぐ。
1999年にイヌの家族性ナルコレプシーにおける原因遺伝子を発見し、翌2000年にはグループの中心としてヒトのナルコレプシーの主たる発生メカニズムを突き止めた。
2005年にSCNラボの所長に就任。睡眠・覚醒のメカニズムを、分子・遺伝子レベルから個体レベルまでの幅広い視野で研究している。
「睡眠の謎を解き明かして社会に還元する」を命題としており、多くのアスリートから支持されている「エアウィーヴ」の開発研究にも携わった。
科学分野の人材育成への思いから、大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎北米支部同窓会会長も務めている。
 
本書の原作『スタンフォード式 最高の睡眠』は発売当初から話題を集め、各種メディアで大きく取り上げられ、睡眠本としては異例のシリーズ30万部を超えるベストセラーとなった。また、韓国、台湾、中国をはじめ、トルコ、ブラジルなど世界各国で翻訳が決定している。
 
1963年にウィリアム・C・デメント博士により創設された「スタンフォード大学睡眠研究所」は、世界の睡眠医学を牽引しており、数多くの睡眠研究者を輩出していることから「世界最高の睡眠研究機関」と呼ばれている。

担当編集者より一言

マンガで楽しみながら、「ぐっすり眠る方法」がわかります!
 
本書は、昨年刊行されて30万部突破のベストセラーになった
『スタンフォード式 最高の睡眠』のコミック版です。
著者の西野先生とも吟味して、日々前に進む睡眠研究の中から、
本当に「ぐっすり」につながり、かつ「今晩から実践できる」メソッドを
集中的にピックアップし、製作しました。
主人公のまゆが、寝不足と闘うストーリーも必見です!
 
「科学的なエビデンス」と「マンガとしてのおもしろさ」を追究した1冊。
これを読んだら今晩から「ぐっすり」眠れること間違いなしです!

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る