• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
世界一おもしろいペンギンのひみつ もしもペンギンの赤ちゃんが絵日記をかいたら

世界一おもしろいペンギンのひみつ
もしもペンギンの赤ちゃんが絵日記をかいたら

監修:上田一生 /
製作:ペンギン飛行機製作所

定価:本体価格 1,100円 + 税
ISBN978-4-7631-3707-4 C8045
小B6判上製 本文157ページ
2018年7月30日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

テレビでもたびたびとりあげられる
「皇帝ペンギン」のすべてが、これ一冊でわかる!

【フルカラー、全ページイラスト入り!】
皇帝ペンギンが生まれてから大人になるまでを、
絵日記とイラストで解説!
文字が苦手なお子さんでも読みやすい!
 
【理科が自然と好きになる!】
ペンギン研究の第一人者である上田一生さんのわかりやすくおもしろい解説が満載!
「理科が苦手な子どもが、たのしく読んでいる」と評判!
 
【自由研究もこれ1冊でできる!】
この本の、気になる部分を書き写すだけで、
自由研究もラクラクできちゃう!
 
【インスタグラムで人気の「ぺんた」が登場!】
インスタグラムで「かわいい」と大人気のキャラクター「ぺんた」が、
ペンギンのひみつをわかりやすく解説!

目次より

◎皇帝ペンギンの子育ては「パパ」からはじまる
◎皇帝ペンギンは魚をしっぽからは絶対に食べない!
◎オスなのにミルクを出す!?
◎うんちを2メートルとばす!
◎方向音痴のペンギンはいない
◎ペンギンはなぜ1列で歩くのか?

監修紹介

日本のペンギン博士。1954年、東京都生まれ。國學院大学文学部史学科卒業、ペンギン会議研究員、目黒学院高等学校教諭。1970年以降ペンギンに関する研究を開始し、1987年からペンギンの保全・救護活動を本格的に始める。1988年、「第1回国際ペンギン会議」に唯一のアジア人として参加。ペンギン研究のため、南極に3度訪れている。国内外十数カ所の動物園・水族館のペンギン展示施設の監修を行っている。2016年以降、国際自然保護連合(IUCN)のペンギンスペシャリストグループ(PSG)メンバーとして活動中。『ペンギンの世界』(岩波新書)など著書多数。

製作紹介

「暮らしの“不都合”を“うれしい”に変える」を合言葉に、暮らしにまつわるさまざまな記事を製作。また、皇帝ペンギンのヒナで、寝ぐせがトレードマークの「ぺんた」とピンクのリボンがかわいい「小春」の関連グッズを製作している。また、ぺんたと小春の日常をつづる絵本のようなインスタグラム「ペンスタグラム」が「いやされる!」と人気になっている。ぺんたは、2005年にアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を獲得した映画「皇帝ペンギン」の第二弾、「皇帝ペンギン ただいま」の公式キャラクターもつとめている。

担当編集者より一言

皇帝ペンギンの子育てが、こんなにも感動的で、そしてこんなにもおもしろいなんて!!!すばらしいイラストレーターさんたちのかわいいイラストが満載で、ものすごく楽しみながらつくった1冊です。スタッフのこどもたちも夢中で読んでいる、という報告をたくさんもらっています。ぜひ読んでみてください!

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

トップに戻る