• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

福を招く旧暦生活のすすめ

著者:白井明大

定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3669-5 C0030
四六変型判並製 本文229ページ
2017年12月10日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

ベストセラー『日本の七十二候を楽しむ』の著者がひもとく、
開運や祈願成就にまつわる「いにしえの知恵」。

新年の幸せを願って、お正月にごちそうをいただくのはなぜ?
七夕のならわしと縁結びには、どんな関係があるの?
七五三のお祝いをするとき、どうして地元の神社にお参りするの?
冬至の日に運気を上げる運盛りって、どんなこと?
 
この本では、五節句などの年中行事から春夏秋冬のならわしまで、
福招きや祈願成就にまつわる「旧暦の知恵」を紹介します。
 
年中行事などのしきたりやならわしの由来をひもときながら、
日々を豊かに、幸せに暮らすきっかけを見つけるヒントをお伝えします。
 
あなたの毎日に、「旧暦の知恵」を通して、福や幸せが舞い込みますように。

※書籍の中身はこちら(p6~7)

クリックすると拡大で表示されます


※書籍の中身はこちら(p8~97)

クリックすると拡大で表示されます


※書籍の中身はこちら(p40~41)

クリックすると拡大で表示されます


※書籍の中身はこちら(p50~51)

クリックすると拡大で表示されます



目次より

序章 旧暦を知る
1章 福を招く
2章 恵をいただく
3章 良縁を願う
4章 子を育む
5章 からだをねぎらう
6章 心をいたわる
7章 長寿を願う

著者紹介

詩人。1970年生まれ。沖縄在住。
暮らしのささやかなできごとや、季節の移ろいに目を向けて、言葉を綴る。こまやかに自然の情景を詠んだ、万葉人の歌心に憧れ、2008年版より七十二候のこよみ「歌こころカレンダー」を作りはじめる。そして2012年に刊行した『日本の七十二候を楽しむ ─旧暦のある暮らし─』が、旧暦への静かなブームを呼び起こし、30万部を超えるロングセラーに。2016年には、詩集『生きようと生きるほうへ』が、第25回丸山豊記念現代詩賞を受賞。同年、『島の風は、季節の名前。旧暦と暮らす沖縄』が、全国学校図書館協議会選定図書に選ばれる。詩集に『心を縫う』『歌』『島ぬ恋』など。他の著書に『暮らしのならわし十二か月』『季節を知らせる花』『七十二候の見つけかた』など多数。また、こども向けの旧暦絵本に『えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる』がある。

担当編集者より一言

とてもすてきな本ができあがりました。この本の著者・白井明大さんは、30万部を突破した『日本の七十二候を楽しむ』の著者でもあり、詩人の方。この本は、「福を招く」ということをテーマに「旧暦の知恵」をまとめ、その活かし方までを提案する一冊です。カレンダーを開けば、いろいろな季節の名前や行事が目にとまりますが、その中には「幸せ」を願うことに由来しているものが、じつはたくさんあるのです。この本を読むと、きっと、来年のこと、これからのを考えるのが、きっと楽しみになります。ちなみに、本のカバーと本文中のたくさんの絵は、じつは「切り絵」で、切り絵作家の上野文緒さんの手によるもの。品のあるデザインは、水崎真奈美さん。著者・白井さんのあたたかく美しい文章とともに、この本を、みなさまの暮らしの中で楽しんでいただければ幸いです。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る