• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

心の中に「静」をもつ

著者:片岡鶴太郎

定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3667-1 C0095
四六判並製 本文198ページ
2018年2月5日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

自分を見つめることで、
歳を重ねるのが愉しくなった。
鶴太郎流、静けさの効用。

お笑い芸人、ボクサー、俳優、画家、書家、そしてヨーギーと様々な顔をもつ片岡鶴太郎さんが、60代をむかえた今だからこそ語る人生を楽しむ秘訣とは? 飽くなき探求心と行動力で自ら可能性の扉を開く心の内を、余すところなく書き下ろした話題作。超高齢社会化が進むこの国において、自分の人生をどうやって輝かせるのか……そのヒントとなるのが心の中の「静けさ」だと鶴太郎さんは説きます。心の根の張り方、魂の歓喜、不易流行、腹の主との対話、自分の信じ方、ヨーガについて、身体の声の聞き方、食べ物について、他。
 
「最近の私は、一人きりでかなりストイックに生きているイメージがあるようですが、還暦を数年過ぎて、より人生の奥深さを感じながら生きているのが現状です。私の体験の中から“静けさ”をテーマにした本書が、人生を楽しむ人たちのお役に立ってくれればうれしく思います」片岡鶴太郎

目次より

◎歳を重ねるほどに深まってゆく心
◎もっと「心を深める人たち」に増えてほしい
◎本当の勝負は50歳から
◎毎日同じことをやると見えてくるもの
◎ヨーガが私に教えてくれたこと
◎口呼吸よりも鼻呼吸が優れている理由
◎自律神経を整えてくれる呼吸法
◎生命エネルギーを生み出す7つのチャクラ
◎まわりの声より、自分の内なる声を優先する
◎怖いときこそ“一歩前へ”を心がける
◎食べることは「生き方」そのもの
◎身体の声を聞くと感性が高まる
◎人生の時間は自分で決める
◎大いなるものと一体になる
◎人間の苦しみを生む5つの原因
◎よく生きた者はよく死ねる
◎「劇的すぎてつまらない」とタモリさんはいった  ほか 

著者紹介

高校卒業後、片岡鶴八師匠に弟子入り。3年後、東宝名人会、浅草演芸場に出演。その後、バラエティー番組を足掛かりに広く大衆の人気者になる。目下、幅広いキャラクターを演じられる役者として活躍し、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など数多くの賞を受賞。
画家としては、1995年に初の絵画展「とんぼのように」を東京で開催。以降、毎年新しい作品での個展を開催している。2001年、初の海外個展をフランス・パリにて開催し、好評を博す。2011年、初の本格的仏画を出展。2013年に第69代横綱白鵬の化粧まわしのデザインを担当し、伊勢神宮で奉納・お披露目された。2015年3月、書の芥川賞といわれる「第10回手島右卿賞」、同7月「第32回産経国際書展功労賞」を受賞。2016年4月より、羽田空港国内線第1旅客ターミナルにて、放送作家・小山薫堂氏とのコラボレーション作品11点を「旅する日本語展」として広告掲出中。また2017年5月、インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定に合格し、インド政府より、ヨガマスター、ヨガインストラクターの称号を授与され、第1回ヨガ親善大使にも任命される。

PR動画


担当編集者より一言

多才な鶴太郎さんと初めてお会いしたとき、とにかく透き通った少年のような「目」をしていることに驚きました。自分が知らないことに好奇心を抱き、探究しようと動きだすバイタリティとエネルギーは、お付き合いをすればするほど学ぶことばかり。テレビ等ではストイックすぎる姿ばかり強調されていますが、還暦を過ぎてもなお、芸術、ヨーガ、食事に気を配りながら自分自身を深めていく生き方は、きっとこれからのスタンダードになると私は思います。鶴太郎流、人生の楽しみ方を味わってみてください。

読者さまの声

このような本が出版されることを常々心待ちにしておりました。最後まであっという間に読み終えてしまいました。ぜひ、次回はご自身でも言っておられた料理の本が出版されることを本当に楽しみにしています。(東京都・主婦・59歳)

60歳を目の前にして、自分のこれからの生き方をこの2年(来年11月に60歳)じっくりゆっくり考えたいと思ってたところ、この本を知りました。私も数年前からヨガをやっていて、静かに自分の心身とむかい合うことの心地良さを味わっています。今すぐは無理ですが、もっと先にひとりで生活するようになったら、自然につながる食材をていねいに調理してゆっくり時をかけて食べる生活をしたい!と夢を持ちました。(栃木県・自営業・女性・58歳)

図書館で見つけて、借りて読んだら、とてもいい本だったので購入しました。鶴太郎さんの生活の意味も分かったし、「腹の主の声をきく」というのに一番共感がもてました。(鳥取県・会社員・女性・41歳)

もっと見る
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る