• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
【2017年10月下旬刊行予定】
悪魔とのおしゃべり
正しさなんて、ただの多数決
著者:さとう みつろう
定価:本体価格 1,700円 + 税
ISBN978-4-7631-3654-1 C0095
四六判並製 本文574ページ
2017年10月20日初版発行
注文数:
ショッピングカートに入れる(予約)
お知らせ刊行前の書籍は、お届けできるまでしばらくお待ち下さい。
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

20万部突破『神さまとのおしゃべり』以上の衝撃!
悪魔による、価値観ぶった斬り実用エンタメ小説。
購入者特典!「悪魔缶バッチ」プレゼント!
ホームページからのご購入者限定、先着200名様に「悪魔缶バッチ」プレゼント!


20万部突破! 大ベストセラーとなった『神さまとのおしゃべり』発売から早3年――。
世界にある「ありきたりな教え」や「道徳的な成功法則」に飽ききっていた主人公の目の前に、突如おしゃべりな悪魔が現れた! そして、みつろうに問うのだった。
 
「“善い行い”をし続けて、幸せになれた奴はいるか?
親や、学校や、道徳の教えのほうが、まちがっていたのさ。
我が悪の軍団は、貴様らの願望を満たす“本当の方法”を知っている」
 
何も言い返せないこの青年は、まんまと誘惑に乗っかり、悪の手下として「正しさを疑う旅」に出ることになった。
ただ、乗ったその船の向かう先は、地獄ではなく天国であったことを、あなたに初めに伝えておきたい。
 
――悪魔のささやきが超魔速で、決まりかけたあなたの人生を変える! 価値観ぶった斬り実用エンタメ小説がここに完成です。
 
※この物語、劇薬につき取扱注意。そのままの人生を送りたい人は、絶対に開かないでください。
  • 978-4-7631-3654-1a.jpg
    悪魔缶バッチ(色は選べませんので予めご了承ください)

目次より

第1章 正しさを、疑え!
あなたの苦しみは、全てが「正しさ」のせい
「新しい可能性」は、理解できない領域にしかない   ほか
第2章 怒れるヒーロー
悪い人たちは、いつも笑っている
期待を捨てれば、怒りは消える     ほか
第3章 人間スーツ
時間の逆転は科学的に可能である
不幸以外が、あなたを「幸せ」にしたことはない   ほか
第4章 身体は、神殿
世界は、リアルマトリックス
「あなた」を運転しているのは、誰?     ほか
第5章 脅し始めた、お守り
あなたの一生分の「瞬間」を映したフィルムがある
何者かになる前は、何者でもなかっただけ     ほか
第6章 リンゴの主張
「所有」は全部、マボロシ
「コントロールを手放そう」もコントロール    ほか
第7章 イイヒマニア
人生は極から極の移動ゲーム
後から振り返ると、全部が「イイヒ」       ほか
第8章 宇宙システムの始まり
世界が“ある”と“ない”の差ってなんだ?
「あなた」と「世界」はぴったり同い年       ほか
第9章 この世は、勘違い合戦
勘違いの数だけ世界ができあがる
悪魔の勘違いメソッド            ほか
第10章 運を悪くする、良い方法
「運」を良くすることは、誰にもできない
宇宙のトップ・アミダの願い       ほか
第11章 あなたは、宇宙の孫の手
「来世」があるなら「横世」があってもおかしくない
デジャビュや予知夢はなぜ起こる?    ほか
第12章 あなたは何も悪くない
誰もが、「悪いこと」をしている
「正しさ」が創った欲求不満        ほか
第13章 不可能とは「正しさ」を乗り越えられない者の言い訳
ないモノ以外は、全てがある
自分の中に「正しい」意見など1つも持つな!    ほか

著者紹介

札幌の大学を卒業後、10年間エネルギー系の東証一部上場企業で勤める。「社会を変えるためには1人1人の意識の変化が必要」だと痛感し、2011年にブログ『笑えるスピリチュアル』を開始。斬新な視点が話題となり、またたく間に各種ランキングで1位を獲得。月間200万アクセスを誇る大人気ブログとなる。2014年、読者や周囲の声に応える形でサラリーマンを引退し、全国各地でトークショー&ピアノライブを開催。同年出版した初の著書『神さまとのおしゃべり』(ワニブックス)は20万部を突破する大ベスセラーとなる。また、音楽活動にも力を入れており、ロックバンド“ サノバロック”のフロントマンとしてメジャーレーベルからCD『グラビトン』を発売し、オリコン初登場24位を記録。
主な著書に『金持ち指令』(主婦と生活社)、『その名は、バシャール』(ヴォイス)などがある。

担当編集者より一言

構想から約3年――。さまざまな試行錯誤を重ねて、大ベストセラー『神さまとのおしゃべり』のパワーアップ版が完成! 次なるおしゃべりの相手は、悪魔です!
「え? でも、悪魔とおしゃべりしたら不幸になりそうじゃない……?」と思ったら、大間違い! だって、よ~く考えると悪代官も、マフィアのボスも、悪魔と呼ばれる人たちってみ~んな「エッヘヘヘ」「イッヒヒヒ」といつも楽しそうに笑ってるんですよね。
そうです。常識を持たない悪魔に、悩みなんてないのです!
同僚の編集者からは「校了が差し迫って大変な時にコピー機にこの本の原稿が残っていて、面白すぎて〆切を忘れて読みふけっちゃいました」と評価をいただきました。う、うれしい。
キッシー
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る