• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
このママにきーめた!
このママにきーめた!
著者:のぶみ
定価:本体価格 1,200円 + 税
ISBN978-4-7631-3642-8 C8771
変型判 本文32ページ 
2017年8月5日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

8月16日の「スッキリ!!」(日本テレビ系)に著者が生出演し大反響!
話題の作家のぶみが描く、奇跡の絵本。
ママの心が、ふわっとやさしくなります。
「ねぇ、どうしてママをえらんだのか、しってる?」
 
あかちゃんが、おそらのうえから一人のママをえらびます。
「ようし! ぼく、このママにきーめた!」
おそらでは、みんながビックリ!
「うえ~! ホントにあのママでいいのかい?」
「うん! ぼく、あのママがいい!」
 
ママとお腹のあかちゃんとの対話がはじまりました。
産まれてからはいっしょの生活もはじまります。
 
ある日、毎日おこってばかりのママは、
あかちゃんからひみつのおはなしを聞かされて号泣しました。
 
あかちゃんがママに伝えた、おはなしとは?
 
 
 
【「あとがき」より】
 
おなかのなかの記憶がある子どもたちに会って描いた絵本です。
ビックリしたのは、「なんで産まれてきたの?」ってきくと
「そんなのママをよろこばせるために決まってるじゃん!」
と全員がいうことです。
子どもは、まずママをよろこばせて、
だれかをよろこばせる自信をつけるんです。
ところがママは、自分の子がちゃんと育ってほしいから、
よろこばずにしつけようとおこってしまう。
子どもがしてほしいのは、しつけることじゃなく、
子どもがしたことによろこぶことです。
ママをよろこばすことができたら、
ママ以外の人もよろこばそうとするのが子どもたちです。
みんながだれかをよろこばすようになったら、
世界は、さらによくなるよね。
 
世界をよくするのは、ママがどれだけよろこぶかにかかってるんですよ。
 
えほんさっか のぶみ

著者紹介

絵本作家。1978年、東京都生まれ。大ヒット絵本『ママがおばけになっちゃった!』『さよなら ママがおばけになっちゃった!』(講談社)をはじめ、『あたまのうえのかみさま』『サンタパスポート』(小社)、『おこらせるくん』『いのちのはな』(KADOKAWA)、『しんかんくん』シリーズ(あかね書房)、『おひめさまようちえん』シリーズ(えほんの杜)、『ぼく、仮面ライダーになる!』シリーズ、『よわむしモンスターズ』シリーズ、『トッキュウジャーかぞく』シリーズ(以上、講談社)など160冊以上の絵本を出版。アニメでは、NHK「おかあさんといっしょ」の「げんしじんちゃん」「よわむしモンスターズ」、NHK「みいつけた!」の「おててえほん」を手がけるほか、漫画家・森川ジョージ氏とのコラボレーション、内閣府の「すくすくジャパン!」のキャラクター作画を担当。また福島の子ども達を応援するために、個人で制作したキャラクター「あたまがふくしまちゃん」は、ゆるキャラグランプリ2013、2014で2年連続東北1位を獲得するなど、幅広く活動をしている。

PR動画


担当編集者より一言

この作品は、絵本作家のぶみさんが、お腹の中の記憶がある100人以上の子どもたちに話を聞きながらつくりました。なぜ自分のママを選んで生まれてきたのか……その理由をたずねてみると、ほとんどの子どもたちは「そんなのママを喜ばせるために決まってるじゃん」と答えたそうです。私たちが住んでいるこの世界には、人間にはわからないような仕組みや法則がたくさんあると私は思います。ひとつでも多く、それらの仕組みや法則を知ることで、人生がより楽しく生きられる人がふえることを祈っています。
七沖

読者さまの声

妊娠、出産時のことを思い出しました。胎内記憶にも興味があり、子供が私を選んで生まれてきてくれたと思うと何とも言えない気持ちになります。子供に読みきかせたら、楽しんでくれました。私にとっても、子供にとっても大切な本になりそうです。(埼玉県・女性・38歳)

3歳の娘が本屋で欲しがり購入しました。生まれる前にお空から母親を選んだという内容で毎晩読み聞かせるたびにあたたかい気持ちになります。娘も飽きずに何度も「読んでほしい」と持ってきます。買って良かったです。(東京都・主婦・37歳)

子供の2歳の誕生日に、主人が2人にといってこの本をプレゼントしてくれました。2歳の子供には少し長い内容でしたが、心あたたまる絵本でした。もう少し子供が大きくなったら「どうしてお母さんのところに産まれてきたの?」と聞いてみたいと思います。この本みたいに「お母さんを喜ばせるため」と言ってくれたらうれしいです。(会社員・女性・38歳)

もっと見る
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る