• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

ザ・インボイス――人生の請求書

著者:ヨーナス・カールソン /
訳者:久山葉子

定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3639-8 C0030
四六判並製 本文221ページ
2018年8月30日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

25か国で出版決定!
真の幸福とは何かを教えてくれるスウェーデン発の小説、ついに刊行。

レンタルビデオ店でアルバイトをしている39歳・独身のしがない「ぼく」のもとに、
ある日、<W.R.D.>という団体から一枚の請求書が届く。
 
そこに記されていたのは、信じられないほど高額の請求。
それは、ぼくが「これまでの人生で経験してきた幸せの対価」だという。
 
金も地位も名誉もない。
友達も少なく、ついでに長年恋人もいない。
 
たいした人生を送っていないぼくが高額の請求を受けたのはなぜなのか?
ぼくは本当にそんなに幸せな人間なのだろうか……?
 
本当の幸福の意味を教えてくれるスウェーデン発の小説、待望の邦訳!

【主な登場人物】
・ぼく:主人公。この物語の語り手。レンタルビデオ店でアルバイトする、しがない39歳の男性。
・モウド:<W.R.D.>の電話担当者。
・スニータ:「ぼく」の元恋人。インド人留学生。
・ローゲル:「ぼく」の友人。
・ギオリィ:<W.R.D.>の職員。

著者紹介

スウェーデンの有名俳優。注目を集める舞台や、評価の高い映画作品、テレビシリーズに出演している。2005年に脚本家としてデビューし、観客と批評家から絶賛を受ける。その後、小説も手がけるようになる。


訳者紹介

翻訳家、インテリアライター。神戸女学院大学文学部英文学科卒。2010年よりスウェーデン在住。訳書に『許されざる者』『海岸の女たち』(ともに東京創元社)などがある。


担当編集者より一言

「あなたの人生は、いくらですか?」
ある日、ありえないほど高額の請求書を受けとった主人公の「ぼく」。請求書を通して、やがて自分の身近にある幸せに気づいていく……という、少し不思議で心温まる小説がついに日本でも刊行になりました!
あなたなら、自分の幸せにどんな金額をつけるでしょうか? ぜひ、考えながら読み進めてみてくださいね。きっと、昨日までとは世界が少し違って見えるようになるはずです。

読者さまの声

物語の主人公は、●●円を超える請求書を突きつけられたことで、人生の価値を考えることになるのですが、私はラッキーでした。なぜなら、1400円と消費税で、考えることができたのだから。
フランク・シナトラを聴きながら、書籍を読み終えた後に心の内側から湧き上がる「なんとも言えない感情」を感じて、「ああ、こうやってモヤモヤと感じられること、それ自体が生きている実感であり、豊かさであり、幸せなのかもしれない」と。(40代・男性)

うだるように暑い夏の日に買ったアイスコーヒーが喉を通りぬけていく時の至福の瞬間、少し高めのワインを映画とともに家で1人楽しむひと時。
1つを2つにも3つにも膨らませて想像してしまう、空想好きのこんな私に人生の請求書が届くとしたら?
読み終わった今では、 自分の金額がただただ知りたい気持ちでいます。(30代・女性)

なぜ「ぼく」にこれほど高額な請求がされているのだろう。「ぼく」はどうやってこれを解決するのか。あるいは解決できない「ぼく」は暗闇のような世界を生きていくのだろうか。"知りたい"気持ちに駆られて一気に読んでしまった。
結局「幸福」は皆に与えられているのに、それを「幸福」と感じるかどうかなのだろう。
「ぼく」と「ローゲル」どちらの人生を選ぶのも自分しだいだ。ならば、高額な請求はごめんだが、与えられた小さな幸福にも気付き、味わえる自分でいたい。(50代・女性)

もっと見る
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る