• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
「いまの説明、わかりやすいね!」と言われるコツ
著者:浅田すぐる
定価:本体価格 1,300円 + 税
ISBN978-4-7631-3609-1 C0030
四六判並製 本文205ページ
2017年4月5日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

著書累計20万部突破、“思考整理の超プロ”が明かす
誰でもたちまち「説明上手」になれる画期的なメソッド!
「一生懸命説明したのに、わかってもらえない……」
「『で、結局どういうこと?』と聞き返されてしまう……」
「自分の言いたいことがうまくまとまらない……」
 
そんな経験、ありませんか?
こうした悩みを一挙に解決する“ヒミツ”を明かすのが本書です。
 
シリーズ20万部突破のベストセラー
『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』の著者であり、
「思考整理」「コミュニケーション」「わかりやすい説明」をテーマに
これまで5000人以上に“目からウロコ”の指導を行ってきた浅田氏が、
自らの集大成ともいえる説明スキルアップの秘訣を大公開。
 
「あれもこれも……」とポイントを詰め込むあまり
かえってわかりにくくなりがちなビジネスコミュニケーションについて
「あれ」と「これ」と「それ」――すなわち「3つのポイント」に絞ることで
わかりやすさを飛躍的に高めるコツをアドバイスします。
 
巻頭には、全体像がひと目で分かる
オールカラー「1枚」折り込み付き!
「わかりやすさ」にとことんこだわった構成とつくりで、
「説明下手」に悩む日々からの卒業をお約束します。

目次より

PART1 なぜ、うまく説明できないのか?
●理由その1 「動作」にできていないから
●理由その2 「数」を増やしすぎるから
●理由その3 「すべてカバー」しようとするから
 
PART2 「わかりやすい説明」の条件とは?
●ポイントその1 数を「3つ」に絞ること
●ポイントその2 「構造」にはめること
●ポイントその3 「動作」で伝えること
 
PART3 どうすれば、説明上手になれるのか?
●方法その1 「3つの視点」で「情報を整理する」
●方法その2 「3つの構造」で「考えをまとめる」
●方法その3 「3つの動作」で「伝える」

著者紹介

「1枚」ワークス(株)代表取締役。
 
□お客様にうまく「伝わらない」がために、仕事で成果が出せない。
□社内の人に「伝わらない」がために、希望の評価につながらない。
□「伝わらない」がために、転職・独立がうまくいかず、理想の人生が歩めない。
 
こうした思いをしているビジネスパーソンに「伝わった!」という成功体験をしてもらうべく、「思考整理」「コミュニケーション」「わかりやすい説明」をテーマにセミナーや研修、講演などを行っている。
 
愛知県名古屋市出身。旭丘高校、立命館大学卒。在学時はカナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学留学。トヨタ自動車(株)入社後、海外営業部門に従事。米国勤務などを経験したのち、6年目で同社の企業ウェブサイト管理業務を担当。「伝わるサイト」へのカイゼンを実現し、企業サイトランキングで全業界を通じ日本一を獲得する。その後、日本最大のビジネススクールである(株)グロービスへの転職を経て、独立。現在は、独自の教育プログラムとして“「伝わる」思考×「1枚」の型  1sheet Frame Works”を開講。人気講座となっている。
ともすると退屈になりがちな「当たり前だけど大切な基本」の説明を得意とし、そうしたテーマに「これまでありそうでなかった切り口」から光をあて、新たな「気づき」が得られるような機会を提供している。
受講者数は4年で5,000名を超え、アンケートは毎回95%以上が高評価を示すなど、人気講師として活躍。そのユニークな内容に「目からウロコが落ちた」「ほかの研修とは次元が違う」といったコメントが相次ぎ、実践者からは「プレゼンで累計1億円以上受注しました!」「100%希望通りの条件で転職できました!」「念願だった独立が実現しました!」など、数々の感謝の声が寄せられている。
シンプルな「動作」の組み合わせだけで体系化された独自の手法:「1枚」フレームワーク®の一端をまとめた著書『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』(小社)は、デビュー作ながら月間ランキング日本一・年間4位・世界5か国翻訳出版という異例続きのベストセラーとなった。

担当編集者より一言

浅田先生の著書を担当させていただくのは今回が3冊目ですが、1冊目の『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』のときから内心ひしひしと感じていたのが「この方のお話は、どうしてこんなにわかりやすいんだろう」というものでした。いつ、どんな質問を投げかけても、ポイントの明快な鋭い答えが返ってきて、1つひとつに納得させられてしまうのです。きっと頭の回転が人一倍速いのだろうと勝手に想像していたのですが、打ち合わせを重ねるうちに、才能に頼らずとも大事なポイントをいくつか押さえることで、同じようなパフォーマンスを発揮できることがわかりました。その方法を、とことん「動作」にこだわってまとめあげたのが本書です。「動作」とは、すなわち「すぐに実践できる」ということ。どうぞ「読む」だけにとどまらず、実際に仕事やプライベートに取り入れて、効果を体感してみてください。
たくぼう
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る