• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
この嘘がばれないうちに
著者:川口俊和
定価:本体価格 1,300円 + 税
ISBN978-4-7631-3607-7 C0093
四六判並製 本文303ページ
2017年3月20日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

本屋大賞ノミネート作品・『コーヒーが冷めないうちに』待望の続編 14万部突破!
2017年本屋大賞にノミネートされた、
『コーヒーが冷めないうちに』シリーズ最新刊!
愛する人を思う気持ちが生み出した、
不器用で優しい4つの「嘘」。
 
「過去にいられるのは、コーヒーが冷めるまでの間だけ」
 
不思議な喫茶店フニクリフニクラにやってきた、4人の男たち。
どうしても過去に戻りたい彼らの
口には出せない本当の願いとは……?
 
45万部を突破した『コーヒーが冷めないうちに』の7年後を描く、
期待の新刊がついに発売!
 
・・・・・・
 
とある街の、とある喫茶店の
とある座席には不思議な都市伝説があった
その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという
 
ただし、そこにはめんどくさい……
非常にめんどくさいルールがあった
 
1.過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない者には会う事はできない
2.過去に戻って、どんな努力をしても、現実は変わらない
3.過去に戻れる席には先客がいる
  その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ
4.過去に戻っても、席を立って移動する事はできない
5.過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、
  そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ
 
めんどくさいルールはこれだけではない
それにもかかわらず、今日も都市伝説の噂を聞いた客がこの喫茶店を訪れる
 
喫茶店の名は、フニクリフニクラ
 
あなたなら、これだけのルールを聞かされて
それでも過去に戻りたいと思いますか?
 
この物語は、そんな不思議な喫茶店で起こった、心温まる四つの奇跡。
 
第1話 22年前に亡くなった親友に会いに行く男の話
第2話 母親の葬儀に出られなかった息子の話
第3話 結婚できなかった恋人に会いに行く男の話
第4話 妻にプレゼントを渡しに行く老刑事の話
 
あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

著者紹介

大阪府茨木市出身。1971年生まれ。元・劇団音速かたつむり脚本家兼演出家。代表作は「COUPLE」「夕焼けの唄」「family time」等。本作の元となった舞台、1110プロヂュース公演「コーヒーが冷めないうちに」で、第10回杉並演劇祭大賞を受賞。小説デビュー作の『コーヒーが冷めないうちに』は、2017年本屋大賞にノミネートされた。

担当編集者より一言

『コーヒーが冷めないうちに』の続編がついに発売です。原稿を読みながら今回も泣きました……。私は、とくに第2話がお気に入りです。あなたは、どうですか?
るりこ

読者さまの声

前作『コーヒーが冷めないうちに』と同様、とても心温まるお話でした。「生きること」「幸せになること」について考えさせられ、自分自身「幸せに生きよう」と強く思いました。(会社員・男性・35歳)

期待を超える感動でした!『コーヒーが冷めないうちに』は4回泣けましたが、『この嘘がばれないうちに』は倍泣けます!本当にいいお話でした。母と読み終わった感想を共有し合いました。会話がより増え、とってもいい本でした。(中学生・女性・14歳)

前作『コーヒーが冷めないうちに』で疑問だった部分が理解できたり、1話から涙で読みました。人の想い、子の想い、親の想いなど、一人分でない人生を味わいました。自分の人生を重ねながら読みました。(主婦・女性・59歳)

もっと見る
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る