• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
悪運をはねのけ強運を引き寄せる陰陽師の教え
著者:幸輝
定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3587-2 C0030
四六判並製 本文205ページ
2016年10月30日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

運気をあやつれ! 陰陽師の末裔が
「門外不出・禁断の学問」と呼ばれた教えから導く開運法を初公開!
運気とは、決められたものではない。
小さな行動ひとつで、運気は自在にあやつれる。
――そう聞いて、そんなことあるわけない、と思いましたか?
 
律令国家の時代にいた、「陰陽師(おんみょうじ)」を知っていますか?
陰陽師は、天文学、方位学、暦学、易学にもとづいて、都市計画や年中行事の作成に携わる一方、吉凶占いやお祓い、祈祷といった呪術的な側面もあわせもつ官職でした。
ときの政争に密接に関わっていた陰陽師の教えは、その性格上、当時は「門外不出、禁断の学問」とされてきたそうです。
その陰陽師の末裔として、四国の四万十川のほとりで代々、陰陽師由来の陰陽の教えを受け継ぎながら、鑑定師の道を歩み、これまで5万人以上の人々の人生を好転させてきた。それが、この本の著者、幸輝氏です。
 
幸輝氏はいいます。「運気を上向かせるか、下げるかは、毎日の小さな習慣が決めている」。
運気を上げるために、どんな考え方に立ち、どう行動をすればいいのか。
この本では、運気をあやつる鑑定師といえる幸輝氏が、一日中、あなたのそばにいたとしたら、どんなアドバイスをするか、という視点で、陰陽の考え方に基づいた効果絶大の開運方法を伝授します。
1200年前から、陰陽師たちが門外不出で伝えてきた「陰陽術」の教えを、現代に活かした開運法として初公開するほか、本書巻頭には、効果絶大と評判の陰陽霊符(れいふ)つき。お読みいただく方の毎日に、よき流れとご縁がもたらされるよう、渾身のエネルギーを込めてお届けする一冊です。

目次より

【朝の暗示】
●起きてすぐ手のひらに暗示をかけなさい
●「朝日」のパワーを手のひらに集めると、目に見えない世界の「門」が開く
●こうするだけで、ただの水は「開運の水」に変わる
●「改札」は陰陽の世界のさかいめ、空間の変化を意識しなさい
 
【昼の暗示】
●相手の右目を見るか、左目を見るか、私が話す内容で変えている理由 
●「ゼロから一を生む」建前こそ、大事にしなさい 
●八方塞がりを解く印組、怒りを解き放つ印組がある 
●ついやりがちだが、やってはいけない「運気を下げる印組」 
 
【夜の暗示】
●陰陽が入れ替わるお風呂の時間にすべきこと
●トイレに長居して運気を逃がすな
●寝るときには、鏡に寝姿を映してはいけない
●どんなことがあっても、笑顔をつくって眠りにつく
 
【男女関係がうまくいく陰陽術】
●「女は男を褒めなさい」「男は女をねぎらいなさい」
●「すごい」「すてき」「なるほど」で男性運は引き寄せられる
●復縁がかなうか、すでに終わっているかがわかる「赤い糸の秘儀」
 
【お金に好かれる陰陽術】
●「払う」は邪気を「祓う」こと。いつも気前よく払え!
●なぜ、ケチなことを考えると運気が下がるのか?
●お金の「入り口」と「出口」とを同じ場所においてはいけない
●小銭は常に「5円玉を9枚」財布に入れておきなさい

著者紹介

四国霊場の陰陽師の末裔。祈祷師である祖母から幼年より精神世界について学び、その道を30年前より歩み始める。祖母の教えであった両手の相を観て当てる、手相鑑定師として活躍する傍ら、占術の世界を深めてゆく。10年前その的中率から、師事した師匠に、占って導く「占導師」という位を拝受、以降、「未来を創る占導師」として活躍。1200年前から伝わる陰陽師由来の「四維八干」という命術と、独自に編み出した「御縁鑑定」によって、セミナー受講をあわせ、5万人超の人生を好転させてきた。鑑定依頼は企業経営者から学生まで幅広く、相談内容も、縁結び、家族関係改善、復縁、転職、就職、起業、会社の繁栄まで多岐にわたる。「当てる占い」ではなく、依頼者自らの手で望む未来を手に入れることに重きを置く鑑定は、運気を上げ、人生を変えると定評がある。47都道府県での鑑定実績があり、日本全国にファンを持つ。

PR動画


担当編集者より一言

「陰陽師の末裔の人がいるんです」と幸輝先生の話を聞いたときの私の最初のリアクションは「なんじゃそりゃ~! お、おんみょうじ!?」でした。同時に、強烈に「面白そう!」「話を聞いてみたい!」と思い、お会いしてお話しを伺うと、いわゆる映画で観ていた陰陽師の呪術的なもの以上に、陰陽の世界が、普段の私たちの日常生活に溶け込んでいるということを知りました。陰陽の世界の奥深さ、そして、森羅万象に通じる考え方は、現代にも広く受け入れられ、多くの方にとってヒントになるものと確信しています。でも、一番興奮したのは、私の手の指先から、「疳の虫(かんのむし)」を出してくださったとき。昔は村に普通にいた、「虫切り」という、陰陽師由来の呪術を使える人も、だんだんいなくなっている、と先生は話していました。
はなえ

読者さまの声

運というのは自分でコントロールのきかないものだと思っていたが、自分次第で変えていけるものだと知り、前向きに生活していく意識を持つことができた。(会社員・男性・26歳)

理にかなった運を高める方法がとてもわかりやすく、読みやすい。何度も読み返したい本でした。(自営業・男性・54歳)

普段の生活に役立つ教えがあり、強運になれた気がします。(主婦・女性・51歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る