• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
ANAのVIP担当者に代々伝わる言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方
著者:加藤アカネ
定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3545-2 C0030
四六判並製 本文188ページ
2016年7月15日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

VIP担当だけが知っている
秘伝の「伝え方」が、ついに公開。
飛行機の中で、
泣いている赤ちゃんを連れたお母さんと、
「うるさい」と怒っているビジネスマン。
もし、あなたがキャビンアテンダント(CA)で、
この二人を目の前にしたら、
どう言って、その場をおさめるでしょうか?
 
お母さんに対して「赤ちゃんを泣き止ませてください」とは言えないし、
ビジネスマンに「赤ちゃんは泣くものです」とも言えません。
 
たとえば、
大きな声で盛り上がっている社長さんに対して、
どのように注意すればいいでしょうか?
 
「お静かにお願いします」と言ったら、
気分を害されてしまいそうです。
 
こんなとき、どう言えばいいでしょうか?
どう言えば、誰もイヤな気持ちにさせずに、
自分の希望どおりに相手を動かすことができるのでしょうか?
 
ANAには、VIP担当者だけに代々伝わる、
言いにくいことを言わずに、
相手に気持ちよく動いてもらうための
「秘伝の伝え方」があります。
 
本書では、その「秘伝の伝え方」を
初めて公開します。
 
著者は、CAの管理職としてTOP VIP部門の責任者を務め、
人財育成部門で、年間500人の新人CA、
5000人の現役CAの教育を担当してきた、
CA界のトップ、加藤アカネさん。
 
普通の人は、正論を言って、相手を動かす。
うまい人は、それとなく伝え、動かす。
超一流は、伝えずに動かし、しかもこちらを好きになってもらう。
 
ANAのVIP担当に代々伝わる魔法を、
あなたもどうぞ、お使いください。

目次より

第1章「気まずいお願い」をするときの魔法
●長い話を不快にさせず終わらせる
●騒ぐ人を、注意しないで静かにさせる
●責任をとりたくない上司を、
 説得せずにその気にさせる
第2章「双方」をまるくおさめるときの魔法
●泣き叫ぶ赤ちゃんとクレームをつけるおじさん、
 どちらも立ててまるくおさめる
●上司Aと上司B、どちらも立てて思いどおりに動かす
●多数派と少数派、どちらにもファンになってもらう
第3章「優劣」をつけなくてはいけないときの魔法
●お客さまAとお客さまB、どちらも立ててまるくおさめる
●先約をしている人に「べつの約束が入ってしまった」と
 角を立てずに断る
●部下Aと部下B、昇進しなかったほうを
 落ち込ませずにやる気にさせる

著者紹介

伝説の元ANA CAマネージャー。ANA CA165期として入社後、29年間在籍。数々のメディアで「ANA CAの顔」として活躍。その後、人財育成部門でインストラクターとして、5000人以上のCAを育成した。また、管理職としてTOP VIP部門の責任者を務める。人事評価制度の再構築、機内品質管理、新入社員面接官等を歴任し、「伝説のCA」と呼ばれている。本書が初の著書となる。

担当編集者より一言

普通に過ごしているだけなのに、毎日たくさんの「言いにくいこと」に遭遇します。仕事相手に、やり直しをお願いしなくてはいけないとき。せっかく一生懸命やってくれたのに……と思うと、口が重たくなってしまいます。それから、約束がある日の帰り際に、上司に声をかけられたとき。「今日は急ぐので、明日でもいいですか」なんて言えません。そんな「言いにくいこと」を言わなくても、思いどおりに相手が動いてくれたらいいのに……そんな願いを叶えてくれる1冊ができました! 政治家や皇室などもアテンドする、VIP担当の責任者だからこそ知っている、数々の「魔法の伝え方」がぎゅっと詰まった1冊です。
るりこ

読者さまの声

相手に自分の思うことを伝えることのむずかしさ、いつも悩み抜いております。この本はそういう私にヒントを与え、本当に嬉しく思いました。最後の方のなごみ話は感動いたしました。母国語をきれいに、そして相手に誤解されずに話すワザをますます訓練して、これからも頑張ります。(東京都・女性・58歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る