• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
ブッダも笑う仏教のはなし
著者:笑い飯 哲夫
定価:本体価格 1,300円 + 税
ISBN978-4-7631-3509-4 C0014
四六判並製 本文221ページ
2016年1月10日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

史上最高に笑える仏の教え!!
こんなにおもしろかったら、ブッダも笑って許してくれる!?
人気お笑い芸人がおくる、笑って学べる「脱線しまくり」な仏の教えとは?
人類史上もっとも“笑える”仏教本がここに誕生しました!
 
「笑い飯」といえば、独特のダブルボケ・ダブルツッコミのスタイルが人気のお笑いコンビ。「鳥人」をはじめとした漫才は人々の爆笑をさそい、2010年にはM-1グランプリで優勝を果たし、漫才界の頂点に立ちました。
そんな「笑い飯」の哲夫さんに、なんとこのたび仏教についてのお話をおもしろおかしく語っていただきました!
実は哲夫さん、幼い頃に聞いていたお経の中に「ちょいちょいカッコイイフレーズが聞こえた」ことから仏教に興味を持ち、それ以来仏教について独自で研究し、さらに写経を趣味にするなど「仏教をこよなく愛する芸人」という一面も持っています。仏教についての深い知識を独特の語り口で伝える様子は「おもしろくてわかりやすい」と話題を呼び、各地から講演依頼が殺到、ついには東大生500人を前に仏教の話をするまでになりました。
 
「仏教って死んだ後のことを言ってるイメージが強いけど、ほんまは生きている間のことについて言ってるんです」と語る哲夫さん。この本ではそんな人生哲学のような仏教の教えについて幅広く「哲夫節」全開で解説しています!
また、ブッダの一生についてや居酒屋でも使えるような仏教雑学、そして「仏像を見るときは○○されていると思って見るべし!」といった哲夫さん流のお寺や仏像の見方にいたるまで、「仏教の全て」をあますことなく伝えていきます。さらには哲夫さんならではの楽しいコラムも付いていて、笑えて、しかもためになること間違いなしです。
 
こんなにふざけていて脱線しまくりなのに、ためになる仏教本はいままでにありません!楽しみながら2400年以上続く仏の教えに触れられる、読んだら生きるのが楽になる1冊です。

【PR動画 予告編】 笑い飯 哲夫『ブッダも笑う仏教のはなし』CM

目次より

第1章   仏教はここから始まった――お釈迦さんってどんな人なん?
第2章   仏教はこんなこと言ってはるんです
第3章   日本の仏教ってこないなってるんです
第4章   笑い飯 哲夫流ブッダも笑う仏像とお寺の話
第5章   仏教ってこんなとこにもあるんです

著者紹介

1974年奈良県出身。関西学院大学文学部哲学科卒業後、2000年に西田幸治とお笑いコンビ「笑い飯」を結成し、2010年にM-1グランプリ優勝を果たす。
幼いころから般若心経に関心があり、独学で仏教について研究する。写経している姿を多くの芸人に目撃されるようになり「仏教好き」を公表すると、各地から講演依頼が殺到。2011年には東大本郷キャンパスにて「笑い飯 哲夫のおもしろ仏教講座」を開講し、500人以上の東大生を前に熱弁をふるった。テレビなどのメディアでも仏教の魅力をこれまでとは異なるスタイルで伝えている。2015年より奈良国立博物館の文化大使を務めている。日本古来のものに関心が強く、花火にも造詣が深い。得意科目は日本史。
著書に、『えてこでもわかる 笑い飯 哲夫訳 般若心経』『花びらに寄る性記』(ともにヨシモトブックス)がある。

PR動画


担当編集者より一言

仏教が大好きな笑い飯の哲夫さんによる、「笑える仏教本」がついに刊行となります!
哲夫さんが仏教好きだと知ったのは、テレビ番組で「仏教的に正しい一休さんの歌」を披露されている姿を観たことがきっかけです。当時私は、仏教系の高校に通っていたのですが、「仏教ってこんなにおもしろかったんや!」と衝撃を受け、「いつか哲夫さんに仏教についておもしろく語っていただきたい!」と思っていました。そんな思いがとうとう実現するなんて……自分でもビックリです!
お寺巡りをする人が増え、「御朱印ガール」が登場するなどしていますが、そもそも仏教についてはよくわからないという人も多いのではないでしょうか? この本では仏教について哲夫さん独特の口調でわかりやすく、そしてめちゃめちゃおもしろく書かれています。
お寺に行く前にぜひ本書を読んでみてください。そうすれば「仏教が本当に伝えていることはなにか」がわかり、そして仏教がもっと好きになること、間違いなしです!
うめちゃん

読者さまの声

普段、仏教にまったく興味がなかったんですが、この本を読んでとても面白かったです。ユーモアもあり、わかりやすく仏教が大変好きになりました。(北海道・会社員・女性・30歳)

元々、笑い飯の哲夫さんが好きで、書かれた本を毎回買っています。目次だけで笑わせていただきました。そしてページをめくると、今までの仏教の解釈とは違う(いい意味で)あまりにも現代風なもので、すごくびっくりしました。私は今まで仏教は難しい言葉が多くて、なんだか堅物なイメージがあったのですが、こういう風に訳されると、なるほどこういうことなのだなと、頭で理解でき、生活の中に活かしやすくなったような気がします。仏教に興味がなかった中3の私を気にならせてくれてありがとう!(福岡県・中学生・女性・15歳)nbsp;

めちゃくちゃおもしろかったです!仏教って枝分かれがたくさんやし、どうせ片寄った宗派だけの解釈か、全体的に撫でるだけの薄い内容かと思ってたら、全然違いました!哲夫さんのおもしろいたとえや現代のおもろいしゃべり方で、仏教の深い部分をわかりやすく学べました。私も哲夫さんと一緒で、小さい時から仏教が好きで、お経が好きでしたが隠してました。むずかしいことも勉強してみましたが、わかったようなわからんような感じでした。でもこの本でスッキリわかった気がします(もっと奥深いもんやと思いますが)。みんなもよめばいいのに。(大阪府・自営業・女性・31歳)

もっと見る
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る