• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!

著者:長谷川嘉哉

定価:本体価格 1,300円 + 税
ISBN978-4-7631-3506-3 C0036
四六判並製 本文160ページ
2015年12月7日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

認知症を予防する!と大絶賛!!テレビで大反響!13万部突破!

「これなら若返る!」と名医たちが太鼓判!
1日1分で元気脳になる最強の健康法!!

「ジョブチューン 」(TBS系列)に著者出演! 

「もの忘れがなくなった!」
「頭が冴えた!」
「イライラしなくなった!」
 
全国から大反響の「親ゆび刺激法」が
ついに1冊の本になりました。
指は「第二の脳」と呼ばれ、昔から
「指をよく動かす人はボケにくい」と
言われます。
 
では、具体的にどう動かせばいいのか?
 
認知症予防の第一人者が
“ずっと元気な脳”を
つくるすごい方法を開発。
 
脳の血流が上がり、活性化して、若返る。
多くの医師たちが絶賛する
驚異の方法を今すぐ実践してください。

目次より

序章  指は「第二の脳」である
第1章   気力、記憶力がよみがえる驚異の親ゆびパワー
第2章   「親ゆび刺激法」で脳を若返らせる
第3章   「親ゆび刺激生活」で脳を若返らせる
第4章   「元気脳」になるためにやってはいけない11のこと

著者紹介

1966年、名古屋市生まれ。名古屋市立大学医学部卒業。医学博士。毎月1000人の認知症患者を診療する、日本有数の認知症専門医。指と脳の密接な関係性を研究し、独自に開発した「親ゆび刺激法」を認知症の予防や脳リハビリに役立て、大きな成果をあげた。それが話題を呼び、全国から講演、執筆の依頼が殺到。2000年には、認知症専門外来および在宅医療のためのクリニックを岐阜県土岐市に開業。半径100キロ圏の遠方からも多くの患者さんが集まり、開業以来、3万件以上の訪問診療、400件以上の在宅看取りを実践している。

担当編集者より一言

つかむ、もつ、しばる、むすぶ、まわす、などなど日常の動作において、手の「親ゆび」がいかに大切かを教えられました。脳と指の研究をしてきた長谷川先生ならではのお話はたいへん興味深く、新発見がたくさんあるはずです。ぜひ、ご一読ください!

読者さまの声

中高年になると認知症にならないように気をつけたい。文字も大きく、内容もわかりやすかったです。(千葉県・男性・64歳)

認知症の父でもできそうな、試せそうな希望が出てくるように思いました。私も今から予防のために心がける必要を感じました。(東京都・会社員・女性・52歳)

本当に驚き!たった一通り、親指運動をしただけなのに、なんだかスッキリはっきり頭がして、人の名前も思い出せた。絶対続けます!(埼玉県・主婦・71歳)

もっと見る
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る