• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

私はいくら?
あなたの価値はたったひとつの「数式」で決まる

著者:野口真人

定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3456-1 C0030
四六判並製 本文203ページ
2015年9月5日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

2000件以上の企業価値評価に携わった
ファイナンスの超プロが教える、
「必要とされる人」になる方法。

「私はいくら?」
 
この問いかけに対して、あなたはどのように感じたでしょうか? ドキッとした方、そんなこと、考えたことすらないよ、という方。もしかしたら人をお金に換算するなんて、けしからんと思われた方もいるかもしれません。
 
しかし、あなたが何らかの仕事に携わっている以上、「自分はいくらか」、つまり、自分の価値をきちんと把握し、その価値を高めていくことは必須の時代です。
それはなぜなのか、そして、どうしたら自身の絶対的な価値を高めていくことができるのか、それを本書では「ファイナンス」の観点から解き明かしていきます。
 
ファイナンスという言葉を聞くと、むずかしそうだなと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、何も、複雑なメソッドを紹介しているわけではありません。
たったひとつの「ある簡単な数式」を使うだけで、どこに行っても評価され、必要とされる人になる方法がわかるようになります。ぜひ、明日からの仕事に取り入れてみてください。

目次より

第1章   会社はあなたにいくらの価値をつけるのか?
第2章   あなたが「稼げる人」になるために~将来のキャッシュフローを最大化する
第3章   あなたの「信用力」を上げるために~割引率を下げる

著者紹介

プルータス・コンサルティング代表取締役社長/企業価値評価のスペシャリスト
1984年、京都大学経済学部卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に入行。1989年、JPモルガン・チェース銀行に入行。その後、ゴールドマン・サックス証券に入社。「ユーロマネー誌」の顧客投票にて3年連続最優秀デリバティブセールスに選ばれた。
2004年、企業価値評価の専門機関であるプルータス・コンサルティングを設立。年間450件以上の評価をおこなう日本最大の企業価値評価会社に育てる。これまでの評価実施件数は2000件以上にも上る。
トムソン・ロイターによる2014年及び2015年上期M&Aアドバイザリーランキングでは、独立系アドバイザリーで最高位を獲得するなど業界からの評価も高い。
旧カネボウ株式買取価格決定請求事件における株価評価の鑑定、ソフトバンクによるイー・アクセスの完全子会社化における株式交換比率の算定、カルチュア・コンビニエンス・クラブのMBOにおける公開買付価格の評価、トヨタ自動車が日本で初めて発行した個人向け優先株式の価値評価など、世間の注目を集めたさまざまな取引のアドバイザーを務めた。
グロービス経営大学院にてファイナンスの講師を務めるほか、ソフトバンクユニバーシティなどでファイナンスの講義を担当している。
主な著書に『パンダをいくらで買いますか? ストーリーで学ぶファイナンスの基礎知識』
『お金はサルを進化させたか 良き人生のための日常経済学』(ともに日経BP社)、『戦略資本政策 新時代の新株予約権・種類株式活用法』(共著、中央経済社)などがある。

担当編集者より一言

私自身も、「ファイナンス」という言葉を聞くだけで拒否反応を起こすタイプでした。しかし、著者の野口さんの説明を聞いてみると、ファイナンスの知識は意外なほど身近な場面で役立つということがわかりました。まずは、私自身がいくらくらいなのかを計算し、その価値をどんどん上げられるようにしていきたいと思います!
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る