• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

長く健康でいたければ、「背伸び」をしなさい

著者:仲野孝明

定価:本体価格 1,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3454-7 C0030
四六判並製 本文230ページ
2015年10月20日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

15万人を治した1日30秒でできるスゴい健康法! 発売たちまち重版出来!

96%の患者が絶賛!
たった30秒の習慣を取り入れるだけで、
15万人の体を治した健康法。

デスクワークの多い人をはじめ、
肩こりや腰痛などに悩む人はたくさんいます。
そしてそれを解消するために、
「姿勢」が大切であることが、言及されるようになりました。
 
しかし、「姿勢」は肩こりや腰痛を引き起こすだけではありません。
じつに多くの症状を引き起こす要因になっているのです。
たとえば、次のような症状が姿勢によって引き起こされています。
 
体調不良/高血圧/腰痛/肩こり/頭痛/ADHD
うつ病/生理痛/慢性疲労/冷え性/めまい
不安感/手足のしびれ/便秘/貧血/関節痛
 
では、なぜこれほどまで多くの症状に姿勢が関連しているのか。
それは、姿勢が悪くなることで骨が歪み、各部位につながる神経が圧迫されるから。
また、姿勢の歪みによって「内臓」や「脳」まで歪んでしまうからです。
姿勢は筋肉のコリだけでなく、
神経症状や脳に関わる症状まで引き起こしてしまうのです。
 
一見恐ろしい話のように思われるかもしれません。
でも、これは同時に、体にまつわる多くの悩みが、
「正しい姿勢」によって解消されるということでもあります。
その証拠に著者の仲野先生は、
0歳から108歳まで15万人以上の体を治療してきて、
体のさまざまな不調が治るのを実証してきました。
正しい姿勢は、私たちの健康を司る最重要ポイントなのです。
 
「正しい姿勢」といっても難しくはありません。
正しい姿勢をとるためにやるべきことは、
たった1つしかないからです。
 
正しい姿勢をもたらすたった1つの動作――、
それが「背伸び」です。
 
私たちの体は背伸びをしたときに、
「正しい姿勢」になるようにできています。
誰でも、たった30秒で理想的な姿勢になることができるのです。
 
腕を伸ばす「しっかり背伸び」
歩きながらでもできる「かんたん背伸び」
会議中や仕事中に座りながらできる「座りながら背伸び」
 
状況にあわせて背伸びを行えば、
無理なく習慣化でき、さらに効果的に健康に近づけます。
ウォーキングやランニングで活用すれば疲れにくくなるなど、
まさに、どこでもできる「最強の健康法」です。
 
日々の体調不良をはじめ、
健康でいられないというのはとてもつらいことです。
少しでも長く健康でいられるように、
ちょっと背伸びした習慣を送る。
そのための方法がたくさん詰まった一冊です。

目次より

○マッサージを受けると腰痛は悪化する
○「ボキボキ」させないとうたう治療院に行ってはいけない
○45万円のベッドより、5000円の布団のほうがいい
○「寝相が悪い」人ほど体にとっては理想的
○肩は「3本の骨」を意識すればよく動く
○毎日の健康チェックは「足裏」でやりなさい
○パソコンのモニターは「15センチ」上げるのがベストの高さ
○「かんたん背伸び」と「しっかり背伸び」を使い分けなさい
○歩くときの目線は「2階の高さ」がベスト
○ランニングは下半身より上半身を意識しろ
○姿勢のために絶対にしてはいけない10のNG習慣
○靴を選ぶときは「靴底」で選べば失敗しない

著者紹介

姿勢治療家。仲野整體東京青山院長。
柔道整復師。柔道整復師認定スポーツトレーナー。介護予防運動指導員。
1973年三重県生まれ。大正15年創業、のべ180万人以上の患者数と二度の藍綬褒章受章を誇る仲野整體の4代目に生まれ、自身もこれまで0歳から108歳まで15万人以上の患者を治療する。そのなかで、姿勢の極意は「背伸び」にあり、誰でも正しい姿勢になれることに気づく。正しい姿勢をトライアスロンにも応用し、「かなづち」だったにもかかわらず、たった半年の練習でトライアスロン完走など、自身の体を使って姿勢の可能性を探究。著者の人柄や独特の治療法が話題となり、メディアでも多数紹介され注目を浴びている。

PR動画


担当編集者より一言

私の仕事は、資料を読み込んだり、パソコンで原稿を作成したりと、ほとんどがデスクワークです。そのため、肩こりはひどく、首も痛めていました。しかし、何がどう悪いのかがわからず、そのために肩も首も重症化するまで放置してしまったのです。
仲野先生にお会いし、実際に診療していただいたところ、姿勢が大きく崩れていることが原因だと知りました。次に、自分の姿勢のどこが悪いのか、肩や首に加えて、どれほど多くの体の不調を引き起こしていたのか、に気づかされました。
でも、気づくのに遅すぎることはありませんでした。それから背伸び習慣を取り入れたところ、鉛のように重かった肩が、少しずつ軽くなり、いつの間にか首の痛みも治まってきたのです。この本に書かれた仲野先生のエッセンスは、いまこの瞬間に悩んでいる人にも、将来を長く健康に過ごしたい人にも、一度は読んでいただきたい、そんな内容です。

読者さまの声

姿勢という観点から、人の体についての知識をたくさん得られ、どんどんページをめくっていってしまいました。勉強になりました。「病を治す」のではなく、健康でいられるように「背伸び」を取り入れたいと痛感しました。(三重県・自営業・女性・63歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る