• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

おしゃべりな腸

著者:ジュリア・エンダース /
訳者:岡本朋子 /
訳者:長谷川 圭

定価:本体価格 1,600円 + 税
ISBN978-4-7631-3443-1 C0030
四六判並製 本文332ページ
2015年5月30日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
1週間以上かかる場合がございます
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

「腸の声」を聴きなさい。
あなたの腸は、実はなんでも知っている!
世界各国で話題沸騰、ドイツのミリオンセラー健康書が
ついに日本でも発売!

繊細で、責任感が強く、有能な器官、それが私たちの腸。アレルギーも体重も気分も、腸と深く関わっています。実は脳よりもかしこい器官である、という説まであるほど。そんな腸について、私たちは何も知らないと言ってもいいかもしれません。
本書は、ドイツの若き研究者がまとめた、驚くべき「腸についてのすべて」。腸という器官がどのように働き、どのように私たちを守っているかを、最新の医学研究結果を交えて詳しくわかりやすく、そしてユーモアをたっぷりと交えてまとめました。読むほどに、腸をはじめとする各器官への興味がわくとともに、自分の体がいとおしくなること請け合い。本国ドイツではミリオンセラーとなるほか、イギリス、フランス、オランダ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、ポーランドなど世界各国でベストセラーになっており、待望の日本語版の発売です。 
腸がわかれば、自分がわかる。腸と正しくつきあう方法と健康な生き方へのヒントをあなたへ。

目次より

・排便ほど複雑で洗練された仕組みはない
・腸があんなに長いのにはちゃんとした理由がある
・牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる人の体内で起こっていること
・腸に働いてもらうためのいくつかの方法
・腸の影響は脳に現れる
・私たちはみな、別の生物を体内に宿している
・腸内フローラは3歳で「プロ」になる
・腸の中の清潔さを保つためにするべきこと

著者紹介

1990年生まれ。博士論文執筆のためフランクフルト微生物学・院内衛生学研究所で研究に従事。ヴィルヘルム・ウント・エルゼ・ヘレウス財団の奨学生として奨学金2種を受け取る。2012年にフライブルクとベルリンとカールスルーエで開催された「サイエンス・スラム」で優勝。そのときの講演はYouTubeのヒット動画になった。マンハイムとフランクフルト在住。

訳者紹介

ドイツ語翻訳者、通訳者。大阪外国語大学外国語学部地域文化学科卒業。訳書に『ありのままのあなたで健康になる 19の習慣』『いつも気にしすぎてしまうあなたへ』『誰と結婚しても幸せになる法』(以上、サンマーク出版)、『あなたを変える七日間の哲学教室』(早川書房)、『内向型人間のための人生戦略大全』(CCCメディアハウス)などがある。

訳者紹介

ドイツ語翻訳者。高知大学独文独語学科卒業後、ドイツのイエナ大学で独語・英語言語学および独語教授法で修士号取得。訳書に『さらば、食料廃棄』、『オーガニックラベルの裏側』(以上、春秋社)、『レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか』(日経BP社)、『流れ星に祈るよりも確実に幸運を手にする方法』、『女装して、一年間暮らしてみました。』(以上、サンマーク出版)などがある。

担当編集者より一言

確かに、脳や心臓などに比べて、どうも扱いが低い感のある腸。でも本書を読んで、なんと大事な器官であるのかということがしみじみわかりました。300ページ以上のボリュームのある本ですが、できるだけ難しい表現を省いて説明しようとする著者(ちなみに若くてとても可愛い!)の文章と、間に入っているゆるいイラスト(著者のお姉さんが描いています。ちなみにお姉さんも美人です)のおかげで、「へえー、そうだったんだ!」「なるほどね~!」などとうなずきながらすいすい読めます。みなさんもぜひ、この機会に、自分の腸が何と言っているのかを知ってみるとよいと思いますよ!

読者さまの声

難しい医学的な説明なしで、気軽に読めた。腸内細菌の大切さがよくわかった。(愛知県・会社員・男性・54歳)

腸のことだけかと思いきや、消化器(口から肛門まで)のことが大まかに説明されていて、とても面白く一気に読めた。読後はしっかり腸内細菌をペットとして飼っている気分になりました。(愛媛県・大学生・男性・22歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る