• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

アイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話

著者:森本千絵

定価:本体価格 1,500円 + 税
ISBN978-4-7631-3384-7 C0030
四六判並製 本文224ページ
2015年4月20日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
8/17(月)以降の発送となります
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

発売たちまち話題沸騰!

松任谷由実さん推薦!
いま最も注目されるアートディレクターが初めて明かす
「ものづくりの手法」。

Mr.Children、ゆず、松任谷由実さんなどのCDジャケットや広告を手がける気鋭のアートディレクター森本千絵さん。彼女はサントリーコーヒー「ボス シルキーブラック」やキヤノンの「ミラーレスカメラEOS M」のテレビコマーシャルのアートディレクションなども行い、さらにはラジオのパーソナリティもしてしまうなど、様々なメディアで縦横無尽に活躍しています。そんな森本さんは、どのようにしてこれほどの活躍をするようになったのか、その活躍を支えるものづくりの手法、考え方や哲学とはいったいどのようなものなのか。森本千絵の神髄がこの一冊に詰まっています。

目次より

大切なことはいつも色や音楽に変えて
徹底的な「一人会議」からアイデアは生まれる
自分を空っぽにして「相手の力」を使う
アイデアの「最後の一滴」を搾り出す方法
型にはめず、「境界」を曖昧に
森本式朝の迎え方、夜の閉じ方
音楽にすると感覚を忘れない
仕事も世界も「クレイジーな人」が変えていく
来た道はすべて肯定していく
土から耕し、根っこから変えていく
幾度もの敗北を重ね、本物を知る
関心を持つと変わることがある
過去の中に見つける新しさ

著者紹介

goen°主宰、アートディレクター、コミュニケーション・ディレクター、絵人・旅人。1976年4月26日 青森県三沢市生まれ、東京都育ち。武蔵野美術大学を卒業後、博報堂から博報堂クリエイティブ・ヴォックスを経て2007年に「出逢いを発明する。夢をカタチにし、人をつなげていく。」を掲げgoen°主宰として独立。サントリーコーヒー「ボス シルキーブラック」のテレビコマーシャルやNHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」のオープニング映像の制作を手がける。松任谷由実のコンサートやCDのアートデザイン、Mr.Children のCDデザインや広告のアートディレクションも担当。ニューヨークADC賞、東京ADC賞、ONE SHOW ゴールド、アジア太平洋広告祭ゴールド、 50th ACC CM FESTIVAL 特別賞「ベストアートディレクション賞」、2011年日経WOMANウーマン・オブ・ザ・イヤー準大賞、他多数受賞。第4回伊丹十三賞(過去に糸井重里、タモリなどが受賞)を女性初、最年少で受賞。ADC、JAGDA、TDC会員。武蔵野美術大学客員教授。

担当編集者より一言

東日本大震災のあと多くのCMがテレビから消え、コンサートなどが自粛されていた頃、いろいろなタレントさんが「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星を」を歌いつぐ「歌のリレー」というテレビCMが放映されました。このCMに励まされた方は多いのではないでしょうか? 実はこれも森本千絵さんの作品なのです。
中学生の頃に「CMを作るひとになりたい、わたしは絶対おもしろいCMがつくれる」と考えていたという森本さん。そんな彼女のクリエイティブなアイデアはどのように生まれるのでしょうか? 森本さんは「アイデアは誰でも持っているものだから、思いついたモノを『つまらない』と自分で判断しないでとにかくまず外の空気に触れさせてみるのが大切」とおっしゃいます。本書はクリエイティブな仕事をしたい人にはもちろんのこと誰が読んでも仕事や生き方のヒントになること間違いなしです。

読者さまの声

もともと森本千絵さんの生き方、発送、作品が大好きですが、もっと好きになりました。人生が豊かになれる木がします。良かったです。(愛知県・会社員・女性・25歳)
 

森本さんの感覚をなぞりながら、それでいて事細かに語られる言葉や思想は目からうろこの連続で、新しい気づきや発見ができました。(愛知県・自営業・男性・29歳)

身体にたまった思いものが一度リセットされるようなそんなすがすがしくも圧倒されるお話でした。とんでもない時間の使い方の人だという印象。読めてよかったです。このタイミングで読めたことも意味のあることだと思いました。(愛知県・主婦・33歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る