• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
京セラフィロソフィ
著者:稲盛和夫
定価:本体価格 2,400円 + 税
ISBN978-4-7631-3371-7 C0030
B6変型判 特別ビニールクロス仕様 本文608ページ
2014年6月10日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

稲盛哲学の真髄にして「門外不出の書」ついに発売!大反響16万部突破!
ミリオンセラー『生き方』の原点がここにある。
稲盛哲学の真髄、“門外不出の書”がついに公開!
京セラ、KDDIの創業、JALの再建と、次々と世界的大企業を発展に導いてきた当代随一の経営者である著者が、その人生哲学の真髄ともいうべき「京セラフィロソフィ」を、ついに一般向けに公開することになりました。これまで京セラ内部と、著者が主宰する経営塾「盛和塾」でしか読むことのできなかった“門外不出の書”を、600ページを超える充実の内容、そして、いつまでも手元に置いておきたくなる特別ビニールクロス仕様にてお届けします。経営者からビジネスパーソン、教育者、学生、主婦の方まで、あらゆる立場の人にとって、人生における指針、仕事における道標となる考え方が満載。ぜひ人生の“座右の書”として、長くご愛読ください。

目次より

●第1章 すばらしい人生をおくるために
 きれいな心で願望を描く/一日一日をど真剣に生きる ほか
●第2章 経営のこころ
 心をベースとして経営する/公明正大に利益を追求する ほか
●第3章 京セラでは一人一人が経営者
 値決めは経営である/売上を極大に、経費を極小に ほか
●第4章 日々の仕事を進めるにあたって
 現場主義に徹する/手の切れるような製品をつくる ほか

著者紹介

1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミツク株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年には日本航空会長に就任し、代表取締役会長を経て、13年より名誉会長。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。
主な著書に『生き方』(小社)、『従業員をやる気にさせる7つのカギ』(日本経済新聞出版社)、『成功への情熱』(PHP研究所)、『人生と経営』(致知出版社)、『ど真剣に生きる』(NHK出版)、『人生の王道』(日経BP社)、『君の思いは必ず実現する』(財界研究所)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。


担当編集者より一言

これまで編集作業を担当したなかでも、過去最高となる600ページ超の大ボリュームでしたが、終始稲盛先生の言葉の一つひとつに引き込まれながら、夢中で読みふけってしまいました。それだけ、深いメッセージと鋭い洞察にあふれていたからです。作業を進める最中も、一読者として、リアルタイムで学び、反省し、励まされながら仕事と向き合うことができました。それはまるで、読みながら自分の人生の棚卸しをするような感覚でした。ぜひあなたも、本書にまとめられた78の項目のなかから、ご自身にとっての「フィロソフィ」を見つけてみてください。
たくぼう

読者さまの声

会社のデスクにいつも置いて、部下の指導に活用しようと思った。基本的な考え方が自然に定着するために、適度な反復が行われているところに感心した。(東京都・会社員・男性・53歳)

「門外不出の書」というキャッチフレーズでの本書を読ませていただき、さすがにその通りの素晴らしい値打ちのある本だと思います。口を開くと読み終えた感動の余韻が外に出て行ってしまうような気になり、いつまでも沈黙を守り、感動に浸っていたいような本でした。満79歳ですが、学んだことを活かしてまいりたいと思います。(岩手県・男性・79歳)

いつも思うことですが、稲盛氏のこうしたフィロソフィや考え方をもっと若いころに知りたかったと感じました。しかし、だからこそこれからの人生に活かし、前向きに生きていきたいと思いました。(東京都・会社員・男性・39歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook

トップに戻る