• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
可愛くなる家事
著者:高橋ゆき /
イラスト:ヤマサキミノリ
定価:本体価格 1,200円 + 税
ISBN978-4-7631-3361-8 C0030
A5判並製 本文142ページ
2014年4月5日初版発行
お知らせ
現在、お取り扱いできない商品です。
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

日テレ系お昼の情報番組「ヒルナンデス!」に著者の高橋ゆきさんが登場して話題に!
面倒くさいと思っていた家事、その家事から幸せになる。
普段の家事を、そんな魔法の時間に変えませんか?
あなたにとって「家事」って、何でしょう?
できればやりたくないもの? しかたないからやっているもの?
でも、そんな家事が、自分をもっと幸せにする魔法だとしたらどうでしょう。
「最強の浮気防止バリアは、アイロンよ」
「蛇口の輝きは、ふたりの愛の温度に比例するの」
「玄関はキスの似合う場所にね」「生クリームベッドで、彼をその気にさせなくちゃ」
そんな名ゼリフを繰り出す著者・高橋ゆき先生は、雑誌やテレビにひっぱりだこの家事研究家にして、家事代行会社のリーディングカンパニー「ベアーズ」の専務取締役。
「家事は“術”ではなく“道”」「小さな部分を丁寧に行う。家事はその練習」と説くゆき先生の手にかかれば、家事はあっという間に「やらなきゃいけないもの」から「やりたくてたまらないもの」に変わります。
本書のなかで、ゆき先生にスパルタ指導を受けるのは、新米主婦イラストレーターのヤマサキミノリさん。「家事劣等生総代」を自認するイラストレーターさんのドタバタ奮闘ぶりに、思わず共感したりドキッとしたり。愛される家事の極意とコツがまるごとわかる、オールカラーの実用コミックエッセイです。
パートナーともっと幸せになりたい人も、結婚歴が長いカップルも、これからパートナーを探す人も、女としての可愛らしさを磨く所作としての家事を、一緒に学んでみませんか?

目次より

Chapter1  愛をプレスするアイロン
Chapter2 気持ちを上げるお洗濯
Chapter3 美しさを光らせる洗面所
Chapter4 舞台としてのキッチンづくり
Chapter5 家族のメッセージを伝えるリビング
Chapter6 一緒に入りたくなるバスルーム
Chapter7 コミュニケーションを深めるホコリとり
Chapter8 愛が交わるベッドルーム
Chapter9 キスが似合うエントランス
Chapter10 磨けば心が清まるトイレ

著者紹介

家事研究家。家事代行サービス「株式会社ベアーズ」専務取締役。短大卒業後、OL勤務ののち香港の商社に勤務した際、外国人メイドとの貴重な出会いがあり、帰国後、夫で社長の髙橋健志氏が起業。夫とともに、自宅兼オフィスの、小さな清掃業からスタートした会社を社員数120名、登録スタッフ数4300名の、業界のリーディングカンパニーに育てる。現在は専務取締役としてマーケティングと人材教育を担当。キッズからシニアまで暮らしの向上を研究し、家事のスペシャリストとしてテレビ・雑誌などで幅広く活躍中。“楽ラク(楽しく、ラクに)キレイ”をテーマに、夫婦で、親子で楽しめる家事コミュニケーションを提唱している。1男1女の母でもある。

イラスト紹介

イラストレーター。1988年生まれ。工業高校、工業大学卒業後、ウェブデザイン、デザイン事務所勤務を経てフリーイラストレーターに。クセのある、クスッと笑えるイラストレーションを得意とする。何事にもノリ、オチをつけるのが好きな関西人。趣味はナナメ下からの人間観察。

担当編集者より一言

はじめてゆき先生にお会いしたとき、別れ際に先生の口からポロリと出たひと言から、この本は生まれました。「あのね、新婚カップルが新居に移って、何より先に必要なのは、アイロンと使い勝手のいいアイロン台なのよ」――この言葉に、席を立ちかけていた私はあわてて鞄からメモを出しました。私自身は自他共に認める家事劣等生。イラストレーター・ミノリさんの姿に「あるある!」連発の、楽しい編集作業でした。ゆき先生は、一男一女の母親でもあり、子どもとの関わり方についてもたくさんのヒントをくれました。娘さんのことに触れた「エピローグ」には、思わず涙腺がゆるんでしまった担当です。
はなえ

読者さまの声

「リビングはスピリチュアルスポット」など、心に残る言葉がありました。この本をきっかけに、旦那さんと家事についての話もできてよかったです。(東京都・主婦・27歳)

専業主婦なので、日頃特に何も考えずに家事をしてしまっていますが、この本を読んで1つ1つの家事をもっと丁寧に家族のことを考えて頑張るぞ!と思えました。(千葉県・主婦・37歳)

ヤマサキミノリさんが私とそっくりすぎて驚きました。実は主人が書店で見つけて「お前にそっくりだよ」と渡されたのがきっかけでした。改善策がイラストで分かりやすかったことが一番うれしかったのですが、夫のちょっとだらしないところが主人とそっくりだったので「あなたもそっくりよ」と言えてスッキリしました。本を読むのをめんどくさがる私でも楽しく読めました。時間がない人でもイラストでパッとわかるのでオススメです。(茨城県・主婦・26歳)

この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る