• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細
「サイン」を上手に受け取る方法
著者:薄井孝子
定価:本体価格 1,600円 + 税
ISBN978-4-7631-3330-4 C0030
四六判上製 本文269ページ
2013年12月25日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

心を整理すると「シンクロニシティ」が起きて
人生が好転する!
偶然居合わせた「何か」をきっかけに、運命が変わりはじめることがあります。
いつも何となくよい方向に進んでいる人は、「何か」をサインとして受けとり、シンクロニシティをよい形で捉えることができています。
このサインを上手に受け取れる人の特徴は、心が整理されていて、ストレスやコンプレックス、心的外傷(トラウマ)の少ないタイプといえます。
 
臨床心理士の著者は、クライアントと「脳波同調」をして、その人の過去・現在・未来を透視する方法を利用しています。
透視をする能力から、そのクライアントの人生が変わるきっかけになる「サイン」を読み取ります。
 
この本では、脳波同調したクライアントの事例も紹介しながら、サインを上手に受け取るための心を整理する方法や、シンクロニシティを起こすための心の鍛え方をお伝えします。
 
「サインのつかみやすさチェックテスト」「あなたの恋愛・結婚ダメージ度チェックリスト」など、カンタンに楽しんでできる5つの心理テストも掲載。

目次より

◎散らかった心ではサインはつかめない
◎サインを上手に受け取るためのエクササイズ
◎シンクロニシティを捉える力を鍛える方法
◎変性意識状態に近づく「スプーン曲げ」をやってみよう!
◎自分が知らない自分からの悲鳴
◎コンプレックスを解消することが能力を開花させる
◎無意識に潜む人間関係がうまくいかない原因
◎シンクロニシティの起こる恋愛関係とは?
◎なぜかまたマイナスを引き寄せてしまう理由
◎能力を伸ばし、本当の底力を発揮する方法

著者紹介

臨床心理士。ユリア心理サポートオフィス社長。
クライアントと「脳波同調」をして、過去・現在・未来を透視する特殊能力を持つ。
幼少期より家庭内での壮絶な体験を重ね、高校中退後、通信制高校に通いながら10代の頃より雑誌記者、モデル、歌手、水商売など職を転々と変える。
20代半ばに、慶應義塾大学文学部に入学。在学中に結婚し、大学卒業後、出産と同時に、札幌学院大学大学院臨床心理学研究科に入学。臨床心理学修士号を取得。その後、離婚。
市立総合病院精神科臨床心理士、北海道東海大学非常勤講師(心理学)などを経て、開業。国際総合研究機構(IRI)と共同研究や、人間性、母子発達臨床、心理療法の専門領域で研究発表を行っている。

担当編集者より一言

ある日、テレビで活躍する脳科学者の先生のブログを見ていると、ある心理士の紹介として、「日本トップクラスの心理士」「遠隔透視すらできる」ということが書かれてありました。「すごい!」と思い、すぐお会いしに行ってきました。その方がこの本の著者、薄井孝子先生です。脳波同調で見ていただいて以来、腰痛(子どもを抱っこしすぎて痛くなっていた)がなくなりました。本当にすごい先生です。
ネコカ
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る